【タイ旅行記⑮】ビーチリゾートのパタヤは怪しい誘惑が昼間から待ち受ける街

タイ旅行記:3日目
【個人旅行-2020年1月27~31日:3泊5日旅】

パタヤの街はどんなんや??

パタヤの街に到着したバス

タイでバンコクから南東にあるパタヤ(Pattaya)の街まで、こちらのバスに乗って移動してきました。今回のタイ旅行はバンコクとこのパタヤの街を巡る旅。

 

パタヤの街にて

パタヤの街に到着したバス-2

こちらはそんなパタヤの玄関口である、バスターミナル。この地域には電車が通っていないので主な交通手段は、このバスを使って移動して来るのが主流のようです。

 

タイの地図でパタヤの位置

タイの地図で、パタヤの位置

バンコク市内からパタヤまでは先程乗ってきたバスで、約2時間半ほどの移動時間が掛かります。

 

 

パタヤのバスターミナルでバイクタクシーに乗り込む男の子

さてまずはこのバスターミナルからチェックインするホテルまで移動します。こちらの若者はバイクタクシーを利用するようです。これ位の小さなスーツケース位であれば、そのまま膝上に固定して乗れるようです。

しかし途中でスーツケースが落ちないか、ちょっと心配にも思える。。

 

 

ホテルまで移動する

パタヤで乗り込んだ「ソンテオ(songthaew)」という移動用小型トラック

そして我々がホテルまで移動する手段に選んだのが、こちらの「ソンテオ(songthaew)」というバンコク以外ではよく庶民の足となる小型トラックを改造した乗り物。路線バスなどが無いバンコク以外の地域では、これに乗るのが主流のようです。

 

パタヤで乗り込んだ「ソンテオ」という移動用小型トラックに乗り込む

手前のソンテオは既にお客さんが定員になっていて満杯だったので、別のソンテオに乗り込みます。ホテルまでは1人50バーツ(約170円)との事。ある程度巡回するルートが決まっていて、宿泊するホテル名を伝えるとその近くで車を停めて降ろしてくれるとの事。

 

パタヤで乗り込んだ「ソンテオ」という移動用小型トラックに乗り込む-2

ただこの小型トラックは荷台にお客さんが満タンにならないと出発しないのが難点。早く出発したいのなら、バイクタクシーとかを使った方がいいのかもしれない。

 

パタヤで乗り込んだ「ソンテオ」という移動用小型トラックに乗り込む-3

一応バンコクから移動するバス内では密な状況になるので、マスクを着用している”バリ島オジサン”。こういったビーチのある南国リゾートが大好きらしく、見た目にはあまり伝わらないがウキウキ気分のようだ。

 

乗合タクシー:ソンテオからの景色 動画
タイのパタヤの街で、乗り合いタクシーで疾走中の景色

やっと乗客が揃い、動き出すソンテオ。

 

パタヤで乗り込んだ「ソンテオ」で移動する

海が近くにあるだけあって、バンコクとは全然違って開放感を感じるパタヤの街。このソンテオに乗っていても、気分がいい。

 

乗合タクシーの後ろに流れる景色 動画
タイのパタヤの街で、乗り合いタクシーから見える景色

 

パタヤで乗り込んだ「ソンテオ」で移動する-2

パタヤの街も1960年代頃までは小さな漁村だったらしいが、その後勃発したベトナム戦争の影響で大きく街の様子が様変わりした街でもある。

 

パタヤの道路を疾走する車からの景色 動画
City view seen from a car in a shared taxi in Pattaya, Thailand

 

パタヤで乗り込んだ「ソンテオ」で移動する-3

万人向けのビーチリゾートというよりかは、ベトナム戦争で心身に傷を負ったアメリカ軍兵士を癒す場所として、ベトナムから近いこの場所が選ばれただけあって街中には白人が多い。しかもそこそこのお歳の白人老人が多かったように思う。

 

パタヤで「ソンテオ」

乗合タクシー(ソンテオ)はこのように街中を巡回していて、乗る場合には手を上げて意思表示すれば停まるという。ただしタイでは頭よりも上に手を挙げる行為は、失礼とされているので体の横に手を伸ばすような仕草をすればいいようだ。

 

パタヤの中心部に到着

バスターミナルから約20分程車で揺られて、ホテルの周辺に到着する。降りるタイミングはドライバーが教えてくれるので、自分から乗合タクシーを止める必要はない。

 

 

まずは「Scenery City Hotel」にチェックイン

パタヤの街にある「シーナリー・ホテル(Scenery City Hotel)」の外観

車を降りた場所からちょっと歩いた所にある、こちらの建物が今晩宿泊する「シーナリー・ホテル(Scenery City Hotel)」である。しかしこのパタヤの街は性欲が渦巻く街のようで、昼間のこんな通りを歩いているだけで現地のマッサージ店の前に座っている女性達から「社長~~!エッチ好き?!」とか大声で声を掛けられる。。

 

シーナリー・ホテル(Scenery City Hotel)

 

住所:10 503/3 Pattayasaisong Rd, Bang Lamung District, Chon Buri 20150

 

 

 

パタヤの街にある「シーナリー・ホテル(Scenery City Hotel)」の廊下

ホテルにチェックインすると、こちらのボーイが部屋まで案内してくれた。

ただアメリカ人がカスタマイズした街なので、当然の如くこのボーイは部屋を案内した後は「さあチップを頂戴!」って顔をしていたが。。

 

パタヤの街にある「シーナリー・ホテル」で宿泊した部屋

こちらが今日宿泊するホテルの部屋。シンプルな部屋であまり圧迫感は無い。

 

パタヤの街にある「シーナリー・ホテル」で宿泊した部屋-2

ただ高級ホテルでは無いので、ベランダを開けてもビーチは望めない。そして南西向きの部屋だったので日差しがモロに当たり、カーテンを閉めておかないと部屋が暑くなるので仕方なしにカーテンは閉めたままにせざるを得なかった。。

 

パタヤの街にある「シーナリー・ホテル」で宿泊した部屋のトイレ

一応リゾートの街だけあって、バンコクで泊まったホテルに比べると断然こちらの部屋の方が綺麗。

 

パタヤの街にある「シーナリー・ホテル」で宿泊した部屋のカードキー

6階の部屋でカードキータイプ。アナログな鍵の場合はいちいちフロントに預けるのが面倒なので、こういったカードキー・タイプの方が楽である。

 

パタヤの街で遅めの昼食

パタヤの街にある「シーナリー・ホテル」周辺の食堂にて

さて16時前と昼食には遅い時間だけど、今日の午後はバス移動で何も昼食を食べていないので、ホテル周辺のお店で何か食べる事にする。

 

パタヤの街にある「シーナリー・ホテル」周辺の食堂で昼食を食べる

“バリ島オジサン”が選んだのは、またまた麺料理。タイの麺料理に外れはないようで、机に置かれた得体の知れない調味料を色々と調合して食べていた。

 

パタヤの街にある「シーナリー・ホテル」周辺の食堂で昼食を食べる-2

バリ島オジサン
バリ島オジサン

いや~~腹が減っては戦は出来ぬ!

という顔で、食べ物を前にすると嬉しそうな顔を浮かべる”バリ島オジサン”。

 

パタヤの街にある「シーナリー・ホテル」周辺の食堂でのチャンギビール

そして食事時には必ず飲むビールは、ここでもタイ国産のチャーンビール(Chang Beer)。このビールも近くの店から配達してもらっていた。

 

パタヤの街にある「シーナリー・ホテル」周辺の食堂で空芯菜を食べる

ボクが注文したのは麺料理よりも手堅い、肉入りの野菜炒めである。

手軽な調理で野菜とお肉を摂取できるという、作り手と食べ手双方にメリットがある料理である!

 

パタヤの街にあるコンビニで売られていた緑茶

パタヤのコンビニではこのように日本語が書かれている緑茶などが置いてあった。というのもタイにあるスーパーマーケットには日本でも有名なセブンイレブンとかが多く進出しているので、それに伴い日本語が書かれたパッケージの商品も多く並んでいるのである。

 

パタヤの街にある「シーナリー・ホテル」で宿泊した部屋から見える景色

そして特にパタヤでどこに行きたいとかも無かったので、一旦ホテルに戻り休憩する事にする。

 

パタヤの街にある「シーナリー・ホテル」で宿泊した部屋から見える景色-2

こちらは部屋のベランダからの眺めで、向かいには大きな建物を建設中の景色が見られる。辺りにはホテルだらけだったけど、更にホテルが続々と出来るようだ。

 

 

夕暮れ時のパタヤを散策

パタヤの街にある「シーナリー・ホテル」で宿泊した部屋から見えた夕焼け

遅めの昼食とビールを飲んだ後に部屋で軽く居眠りして、起きると18時前。さっきまで強い日差しを放っていたお天道様もすっかりお疲れのようで、だいぶ傾き加減になっていた。

 

パタヤの街を散策する

お天道様が真上で頑張っている時間帯は暑いけど、夕暮れ時になってくると気温も下がってきて、街歩きには最適な時間となる。という事で”バリ島オジサン”とこれからパタヤの街歩きに出掛ける。

 

パタヤの街を散策して見かけた綺麗なお姉ちゃんの後ろ姿

そして街歩きを開始すると早速このようなプリプリなお尻をした、セクシーな後ろ姿の女の子を発見する。

ただこんな子はいくらでも街中にいるのが、このパタヤの街なのである!

 

パタヤの街を散策してみた

ベトナム戦争では映画『プラトーン』の中でも描写されていたように、厳しい環境下にさらされて心に障害(心的外傷後ストレス障害:PTSD)を負ったアメリカ軍兵士が多く発生した。そんなベトナム帰還兵の心身の疲労を癒す為に、ビーチリゾートであるこのパタヤの街に目を付けたのである。

 

 

パタヤの街を散策して見えた景色

そんなパタヤの街には、戦争に参加した後遺症で頭が完全にいかれてしまったような白人のオジサンが街中で「ファック・ユー!」とか「キル・ユー!」とか叫んでいる光景を見たりと、なかなか楽しめそうな街である。

 

パタヤの街の景色 動画
タイのパタヤには普通の街角に昼間から怪しいお姉さんの姿が沢山見られます・・・

 

パタヤの街でも賑わうストリートを歩く

そしてパタヤの街の至る所にはこのようなバーが並ぶストリートがあり、そんなお店の道沿いのカウンターには現地民のオネーチャン達が待ち受けている。

そして店の前を通る毎に「お兄さん~!社長~!スケベ~~!」と片言の日本語で、甘い誘惑を振りまいてくるのである。。

 

パタヤの街でも賑わうストリートを歩く-2

癒しと言っても結局は男女の体を使っての快感による癒しがメインのパタヤの街。そして夜になると先程の海岸沿いの街には”立ちんぼ”と言われる、体を売る商売のオネーチャン達がズラ~~っと並ぶそうだ。。

 

夕暮れ時のパタヤの街

だから落ち着いた街でのんびりとビーチを楽しむというよりは、欲望に任せて女遊びをする場所でもあるパタヤ。でも女性の観光客の姿もよく見かけるし家族連れの姿も見かけるので、男だけが楽しめる街ではなく、ビーチリゾート好きであれば楽しめる街のようだ。

 

夕暮れ時のパタヤの街で見かけたハードロック・ホテル

こちらはハードロックカフェが経営するホテルまである。

 

暗くなると俄然賑わうパタヤの街のストリートを歩く

ご覧のように日が沈んで暗くなるにつれて、怪しい通りはピンクのネオンが煌々と光だしてくる。そしてそんな通りを歩いていると、左右のお店のオネーチャン達から誘惑のいやらしい言葉がどんどんと投げつけられてくるのである。。

 

パタヤのビーチでゆったりと・・

夕暮れ時のパタヤのビーチ沿いの道

そしてパタヤの売りである、ビーチに向かう。そしてこの写真には写っていないけど、この通りの左右の道沿いに100人以上の立ちんぼと呼ばれる女性(もしくは女性っぽく見える男性もいる)達が並んでいるのである。

 

夕暮れ時のパタヤのビーチ沿いの道に置かれていた国王の写真

こんな人間の性欲望がオープンな街でも、国王ラーマ10世の写真が飾られている。こうやって見ると女好きと言われる国王ラーマ10世にはお似合いな街かもしれない。

 

夕暮れ時のパタヤのビーチ沿いでチャンギビールを味わう

普段日本のコンビニだとあまり瓶ビールが置いていないけど、タイのコンビニでは瓶ビールが置かれている。しかもレジには丁寧に栓抜きまで、設置されている。ただタイでは遅い時間には外のお店でアルコールは購入出来ないので、部屋で飲みたい場合は早めにアルコールを購入する必要がある。

 

夕暮れ時のパタヤのビーチ沿いでチャンギビールを味わう-2

さてさっきの国王ラーマ10世の写真裏に座り、ゆっくりとビールを飲む事に。

 

夕暮れ時のパタヤのビーチ沿いでゆっくりする

真っ暗になった海沿いのビーチには、怪しいおばあちゃんが1人で鎮座している。。

 

夕暮れ時のパタヤのビーチ沿いでゆっくりする-2

昼間は大勢の人で賑わうビーチだけど、夜は静かになるので海上を通ってきた心地いい風に吹かれて、そんな景色を眺めながらビールを飲むには打って付けの場所である。

 

夕暮れ時のパタヤのビーチ沿いでゆっくりする-3

バリ島オジサン
バリ島オジサン

いや~~~最高だね、ビーチでビールを飲むのは!

と言いながら、気持ち良さそうにビーチの雰囲気を楽しむ”バリ島オジサン”。タイを訪れる時はだいだいこのパタヤの街にやって来て、一日ボケ~~と過ごす時間が幸せだという。

 

夜のビーチの景色 動画
タイのパタヤの街で、夜にビーチでまったり周囲を眺める!

 

暗くなってきたパタヤのビーチ沿いでゆっくりする人達

周囲にはお歳を召した白人のおじいちゃんの貯まり場みたいになっていて、楽しそうに喋っていた。そんなおじいちゃんを挑発するかのように、黒人のオネーチャンは何故かフラフープをず~~っと楽しそうに回していた・・・。

 

暗くなってきたパタヤのビーチ沿いでゆっくりする人達-2

日本のビーチでは考えれない光景が広がるタイ。タイを実際に訪れるまでは”微笑みの国”とまで呼ばれるので、温和な人達が静かに過ごしているのかと思っていた。しかし今ではすっかり裕福な欧米人の欲望のままに、変貌を遂げた街となっていた。

 

暗くなってきたパタヤのビーチ沿いにあったタイ国旗

同じ東南アジアでも前に訪れた事のあるベトナムのホーチミンとは、全然雰囲気が違う。逆にこれだけ街の雰囲気を変えたアメリカ人の力を思い知る場所でもある。

 

暗くなってきたパタヤのビーチ沿いでゆっくりする人達-3

さてのんびりとオッサン2人で夜のビーチでビールを飲んだ後は、再びパタヤの街を散策する事に。

こんな旅はまた次回に続きます!

 

よければ下記ブログ村のボタンをポチッとお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

↓↓↓↓タイ旅行記:初回↓↓

【タイ旅行記①】2020年”微笑みの国”のドンムアン国際空港から旅は始まる
2020年1月下旬に訪れたタイで、"バリ島オジサン"と一緒に回った3泊5日の旅。まずは関空から格安航空(LCC)の「エアアジア」でバンコクのドンムアン国際空港へと出発し、南国特有の”ぬるい風”の洗礼を受ける?!
タイトルとURLをコピーしました