贅沢を極めたエカテリーナ宮殿見学後に、「わさびウォッカ」を味わう

ロシア旅行記:5日目

阪急交通社ツアー「お1人様参加限定:ロシア7日間」
-2020年3月12~18日

ロシアで飲むウォッカ

エカテリーナ宮殿にある、豪華な置時計

引き続きサンクトペテルブルグの街の郊外にある、「夏の宮殿」とも呼ばれたエカテリーナ宮殿内の見学を続けています。

 

エカテリーナ宮殿にて

エカテリーナ宮殿に飾られている、皇帝達の着ていた衣類

そのエカテリーナ宮殿内の見学もそろそろ終盤戦。一番の見所である「琥珀の間」の見学も終えたし、全然観光客が居ない中でこれらの施設内の見学を出来たのはとても珍しい事だったようで、とても幸せである。

 

エカテリーナ宮殿に飾られている、皇帝達の着ていた衣類-1

こちらは女性用の洋服。あまり太っていなかった人のようだ。

 

エカテリーナ宮殿に飾られている、エカテリーナ二世の着ていた衣類

こちらは如何にもエカテリーナ2世の衣装のように見える。汚い話だけど宮殿とかでもこのような洋服を着た女性は、トイレではなく階段の踊り場などで用を足していたという。このような洋服は1人で簡単に脱着出来ないので、このまま用を足せて、しかも服に小便が掛からないようにと腰辺りから服が膨らんでいるのである。だからヴェルサイユ宮殿などに憧れる女性は、実際にヴェルサイユ宮殿ではどのような生活が営まわていたのかを知ると幻滅してしまうだろう。

当時は小便垂れ流しの時代であったという。。

 

エカテリーナ宮殿内の見学は終了

さて約1時間ちょいに渡ってエカテリーナ宮殿内の見学をしてきました。ここでグルっと宮殿内を見て回って、最初に登って来た階段に辿り着いて、これにて見学は終了となります。

 

エカテリーナ宮殿内の階段へと向かう

これだけ観光客が少ない状態でエカテリーナ宮殿内を見学できるのは、とても珍しい事なのでとても我々のグループはラッキーだったようです。

マトちゃん
マトちゃん

朝一の時間が一番人が少なくて、快適に見学できるわよ!

 

エカテリーナ宮殿内の見学へと向かう人達の並ぶ列

下に降りるとこれからエカテリーナ宮殿内の見学をするグループの人達が居て、入場制限があったからか、列を成して並んでいる姿が見られた。

 

エカテリーナ宮殿1階にあるお土産店

ここでエカテリーナ宮殿内の1階にあるお土産店などを見て回る時間が、僅かな10分程与えられる。

 

エカテリーナ宮殿1階にあるお土産店-1

これらの装飾品などには興味が無かったけど、このエカテリーナ宮殿について書かれているガイドブックを探す。そして日本語で書かれた3冊の薄いガイドブックが置かれていたので、3冊とも購入してみた。

 

エカテリーナ宮殿から外に出る

そしてクロークで上着を引き取って、表に出ます。意外と今回のツアー参加者さん達はあまりお土産を買わない人達ばかりで、集合時間よりも早く集まったのでその分早めに建物を出ます。

 

エカテリーナ宮殿の前で記念撮影する

「いや~~ロシア帝国は想像していた通りに立派な国で、色んな文化を持っていた国だったんだ~~!」と実感する男。

 

エカテリーナ宮殿の前

第二次世界大戦でナチスドイツ軍に占領されて破壊されたエカテリーナ宮殿も、今ではすっかりと改修工事が済んでいって復元されている部屋も増えていっているようだ。

 

 

エカテリーナ宮殿の前で建物を眺める

「夏の宮殿」とも呼ばれるエカテリーナ宮殿だけに、このブルー色の外壁が印象的でもあった。

 

エカテリーナ宮殿から眺める庭の景色

建物の反対側には公園が広がっている。この辺りは大きな公園となって、保護されているのである。

 

エカテリーナ宮殿の建物に組み込まれている、裸体の彫刻

エルミタージュ美術館の建物の一部にも、このようなムキムキの腹筋をさらけ出した彫刻があったけど、意外と人気の彫刻だったのかな?!

 

エカテリーナ宮殿の建物に組み込まれている、裸体の彫刻-1

そういえばポーランドのワルシャワでも似たような、腹筋ムキムキのこのようなポーズをした彫刻が設置されている建物を見た記憶がある。その建物もこういったロシアの建物の影響を受けていたのかもしれない。

 

エカテリーナ宮殿の庭

今日はイマイチ天候が良くなかったので、こんな天気の下の公園は寂れた雰囲気に見えてしまう。。

 

エカテリーナ宮殿のロシア正教会の部分

こちらの上にはロシア正教会の金色のドームが見えているが、この下にはロシア正教の教会堂が造られているのである。だからエカテリーナ宮殿がロシア正教の教会の建物でもあるのである。

 

エカテリーナ宮殿敷地内の庭

広大な公園がある敷地なので、とても閑静な感じで落ち着いた場所だったエカテリーナ宮殿。

 

エカテリーナ宮殿敷地内にいた、エカテリーナ二世の真似をしている人

少ない観光客相手にエカテリーナ2世に扮して、お金稼ぎに来たパフォーマー。ロシアでは人気の観光地に行くとこのような古典的な衣装を着た人が居るけど、カメラを向けて写真を撮るとお金を要求されます。

マトちゃん
マトちゃん

たまにボッタクリの値段を取られる事もあるので、もし写真を撮りたい場合は事前に値段を確認しましょうね!

 

エカテリーナ宮殿敷地内にいた、エカテリーナ二世の真似をしている人-1

ボクは他の場所の写真撮影に夢中になっていたけど、後から聞いたらこの偽エカテリーナ2世はそこそこ美人だったとか。しかも記念写真を一緒に撮るのに200ルーブル(約300円)だと言っていたらしいので、せっかくなんで一緒に記念撮影したら良かったと思いながら、その後ろ姿のみ写真に収めるのであった。

 

エカテリーナ宮殿敷地内のお土産物屋

午前11時を過ぎていたのでエカテリーナ宮殿周辺のお土産店も、そろそろ営業し出していた頃合いだったようだ。この辺りでは女帝が人気なのか、それに偏ったお土産品が置かれていたように思う。

 

エカテリーナ宮殿敷地内のお土産物屋-1

暖かい夏場だともっと大勢の観光客で賑わう場所なんだろうけど、冬場でしかもコロナウイルスの影響で海外からの観光客が減っていた時期なので閑散としていた。

 

エカテリーナ宮殿敷地内のお土産物屋-1

ロシアでしか入手できないデザインのTシャツには惹かれたけど、個人的に好きな真っ黄色のTシャツは残念ながらロシアには売られていなかった・・・。

 

 

エカテリーナ宮殿近くで昼食

エカテリーナ宮殿近くにあるレストランに入る

そしてエカテリーナ宮殿近くの徒歩で行ける距離にあるレストランで、早めの昼食を頂く事に。

 

レストラン【Muzey Dlya Druzey】

 

住所:Leont’yevskaya Ulitsa, 18, St Petersburg,196601

 

 

エカテリーナ宮殿近くにあるレストランに入る-1

レストラン入口の時計はちょっと狂っていたけど、11時50分頃に店内へと入る。

 

エカテリーナ宮殿近くにあるレストランに入る-2

店内は結構綺麗な感じで、かつお洒落な雰囲気を出していた。

 

エカテリーナ宮殿近くにあるレストランに入る-3

このプーシキンという街は、やっぱりエカテリーナ宮殿が代表なのでそのようなイメージ画が描かれていた敷紙が置かれていた。

 

エカテリーナ宮殿近くにあるレストランのテーブルに腰掛ける

今回は男性陣4人と女性陣で唯一お酒を飲む”元DNPで営業をしていた奥様”で、一緒にテーブルを囲みます。

 

エカテリーナ宮殿近くのレストランで出てきたサラダ

まずは前菜にソースが和えられたサラダが出てきます。こちらにはグリーンピースも混ざっていました。

 

エカテリーナ宮殿近くのレストランで出てきたパン

そしてキリストの体でもあるパンは、ロシアの食卓には必需品ですね。

 

エカテリーナ宮殿近くのレストランで食事

そしてサンクトペテルブルクの街での現地ガイドのナターシャさんから、この店は「ワサビ入りのウォッカ」を用意しているので是非味わって欲しいと言われたので、ウォッカも食事時ではあるがチョイスする。

 

エカテリーナ宮殿近くのレストランで出てきたビール

ウォッカの前にとりあえずビールが運ばれてきます。こちらで350ルーブルなので約530円です。

 

エカテリーナ宮殿近くのレストランで出てきた、わさびが入ったウォッカ

そして小さなグラスに入って運ばれてきたのは、わさびが入ったウォッカ。こちらで200ルーブルで約300円。さっきの偽エカテリーナ2世との写真撮影料金と同じである。

マトちゃん
マトちゃん

やっぱりロシアに来たからには、ウォッカを飲まないとね!

 

エカテリーナ宮殿近くのレストランで出てきた、わさびが入ったウォッカとビール

勿論アルコール度数が約5%と40%との違いはあるものの、これだけ量が違います。ウォッカだと一瞬で飲み干してしまうので、個人的にはビールの方がいいですね。

 

 

エカテリーナ宮殿近くのレストランで出てきた、鱈の切り身が入った料理

そして昼食のメインは、こちらのバターライスに鱈を蒸した切り身が入っている料理。ロシアではもっと太る程の沢山の料理が出てくるものと想像していたけど、意外と想像よりかは少ない量の料理だった。ただ日本人ツアー団体用に最初から量を少なめにしていた可能性はあるけども。

 

エカテリーナ宮殿近くのレストランで出てきた、鱈の切り身が入った料理-1

ロシアではあまり外れた味の料理は無かったけど、米食文化である日本人に合う米なのかが問題なのである。

 

エカテリーナ宮殿近くのレストランで出てきた、鱈の切り身が入った料理を食べる

こちらには鱈の切り身が入っていたけど、思ってた以上に美味しかった。

 

エカテリーナ宮殿近くのレストランで出てきた、鱈の切り身が入った料理を食べる-1

何と言ってもご飯がバターライスになっていて、日本人でも全然気にせず美味しく食べれるレベルの米だった。まさかロシアでもこんなに美味しい米料理を食べれると思っていなかっただけに、ロシアには脱帽である。。

 

エカテリーナ宮殿近くのレストランで食後のコーヒーを飲む

食後には付いていたコーヒー or 紅茶を入れてくれるサービスもロシアでは有難かった。まあ個人的には食後のドリンクは無くてもいい派なのだが、一応タダならブラックコーヒーを頂くようにしている。

 

エカテリーナ宮殿近くのレストランで食後のデザート

そしてその後に運ばれてきたのは、こちらのデザートである。個人的にはこの食後のデザートも無くても充分だとは思うけど。

 

エカテリーナ宮殿近くのレストランで食後のデザートを食べる

食事の量が多いとデザートは残してしまうけど、量が少なめだったので思わずデザートに手が出てしまった。ストロベリー味のジャムが掛けられたクレープの生地のようなデザートであった。

 

エカテリーナ宮殿近くのレストランで飲み終わったビールのグラス

隣に座っていた福岡からお越しの”元DNPで営業をしていた奥様”もビール派で、軽々とグラスのビールを飲み干していた。ちなみに今晩のレストランはそこでビールの醸造もしていて、1リットルのグラスでも提供しているとの事で、その奥様と2人で飲もうと約束するのであった。

 

エカテリーナ宮殿近くのレストランの内装

中々お洒落な内装のレストランで、階段の壁にも絵が描かれていた。

 

エカテリーナ宮殿近くのレストランの内装-1

このように柱や壁中に絵心溢れる絵が可愛らしく描かれていたので、こういう取り組みは面白く感じた。

 

 

エカテリーナ宮殿近くのレストランの広いトイレ

そしてトイレに行った人から「無駄にトイレが広かった・・・」と聞いて、トイレを利用してみる。このトイレは便器が1つしか無いので1人用の割に、この広さであった。

「この広さならもっと便器を置けるでしょ!」と思っちゃうけど、これが逆にこのレストランの良さなのである!

 

エカテリーナ宮殿近くのレストラン周辺に停まっていた消防車

昼食を終えてレストランの外に出てみると、向かいの道には消防車が停まっていた。

 

エカテリーナ宮殿近くのレストラン周辺に停まっていた消防車-1

周辺には焦げたような匂いが充満していたが、火の手は見えなかった。どうやらボヤ騒ぎだったのかもしれない。

 

エカテリーナ宮殿からサンクトペテルブルク市内へと向かう

そんな騒ぎを横目に次の目的地へと向かいます。するとちょっと小雨が降りだして来たサンクトペテルブルクの街。雪じゃなくて雨だと全然テンションが上がりません。。

 

エカテリーナ宮殿からサンクトペテルブルク市内へと向かう-1

そして次の目的地に到着です。これからまた別の美術館を見学するという。

 

こんな旅はまた次回に続きます!

よければ下記ブログ村のボタンをポチッとお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

↓↓↓↓ロシア旅行記:初回↓↓

【ロシア旅行記-阪急交通社ツアー】2020年JAL直行便でロシアのモスクワへ旅立つ
2020年3月中旬に訪れたロシア。この3月中旬はコロナウイルス騒動の影響で旅客が減っていたので、ガラガラに空いた空港と飛行機でロシアの首都モスクワへと向かって旅立つのであった。。
タイトルとURLをコピーしました