【ロシア旅行記:完】サンクトペテルブルクからモスクワ経由の便に乗って帰国

ロシア旅行記:6~7日目

阪急交通社ツアー「お1人様参加限定:ロシア7日間」
-2020年3月12~18日

ロシアともお別れ

サンクトペテルブルグのプルコヴォ空港の様子

さていよいよ日本へと帰らないといけない日がやって来ました。いつもの海外旅行では現地で1人夜の出歩きをするのですが、今回はコロナウイルスの影響もあったのでサンクトペテルブルグでの夜歩きは自粛した為に、ちょっと消化不良のような感じを残してしまいました。。

 

サンクトペテルブルグのプルコヴォ空港にて

サンクトペテルブルグのプルコヴォ空港から見たS7航空の飛行機

まずはここプルコヴォ空港からモスクワまで、S7航空の国内線飛行機で向かいます。モスクワまでは1時間40分程のフライトです。

 

サンクトペテルブルグのプルコヴォ空港内を散策

まだ搭乗時間まで余裕があったので、空港内を少し散策してビールを飲む事にします。

 

サンクトペテルブルグのプルコヴォ空港内を散策してビールを飲む

そしてツアー参加者さんのオジサマと一緒に、お店に入ってビールを注文します。こちらのビールは結局チップ込みで500ルーブル(約750円)と、空港ならではのいいお値段でした。

 

サンクトペテルブルグのプルコヴォ空港内を散策-1

ここでゆったりくつろぎビールを飲みながら、一緒にいたオジサマと今回のロシア旅を振り返ります。個人的にはもう少しサンクトペテルブルグの街散策をしたかったのが心残りでしたが、ロシアの国自体は勝手なイメージが頭にあったけど、このように実際に来てみると全然違う素晴らしい国だという事に気付けたので充分に幸せでした。

 

サンクトペテルブルグのプルコヴォ空港内で飲んだビールのレシート

この空港が最後にルーブルの現金を使うチャンスだと思って入ったけど、結局ここもカードと現金での両方の会計は出来ずに、仕方なしにカードで支払う事に。そして一緒にビールを飲んだオジサマの余ったルーブルの細かい小銭を貰って、結果的にはルーブルの小銭が増えてしまう事になる。。

 

サンクトペテルブルグのプルコヴォ空港内の飛行機

空港での待ち時間も誰かと楽しくお話をしていると、あっという間に過ぎてしまう感じがする。そしていつの間にか搭乗開始時刻となったのでゲートへと向かいます。

 

 

国内線でモスクワへ向かう

サンクトペテルブルグからモスクワへ向かう機内の中

モスクワへ向かう国内線の乗客は少ないかなと予測していたけど、そこそこに乗り込んでくる人がいました。こちらは座席に用意されているパンフレットの中の、スマホの広告ページ。

まるでこのアングルで写真を撮っているように見えるでしょ!

 

サンクトペテルブルグからモスクワへ向かう機内の中-1

モスクワまでの国内線の搭乗率はそこそこだった。

 

モスクワへ向かう機内の中で爆睡する、隣のお姉さん

お隣ではマスクを着用して壁にもたれかかって爆睡をしていた、ロシア人と見られる女性。なお、こちらのお姉さんは結局成田へ行くJAL便にも乗って、一緒に日本へ行く事となりました。

 

モスクワのドモジェドボ国際空港にて

モスクワのドモジェドボ国際空港に到着

フライト時間は約1時間40分であっという間に、モスクワの南側にあるドモジェドボ国際空港に到着します。短いフライト時間だったけど、簡単なサンドイッチの軽食が機内サービスとして出てきましたが、ボクはパスしました。

 

モスクワのドモジェドボ国際空港に到着-1

実に3日ぶりにモスクワへと帰ってきました。しかしまた直ぐにモスクワから旅立ってしまうのですが・・・。

 

モスクワのドモジェドボ国際空港内

この時ロシアでは中国人や西欧のコロナが広がったフランス・イタリア・スペインなどやイランなどの国からの入国は既に制限されていたので、全般的に観光客は少なめでした。

 

モスクワのドモジェドボ国際空港内でビールを飲む

そして残ったロシアのお金であるロシア・ルーブルを使い果たそうと思っていたら、福岡からお越しの”元DNPで営業をしていた奥様”から「私もルーブル残っているから、奢るから一緒にビールを飲もうよ!」とお誘いを受けて、先程サンクトペテルブルグの空港でも一緒に飲んだオジサマと3人でビールを味わう事に。

 

モスクワのドモジェドボ国際空港内-1

今回のツアー参加者さんはボクを入れて合計7名と少なかったけど、それなりに楽しい人ばかりで今回も充分に楽しめた。

 

モスクワ空港に待機しているJALの飛行機

いつもは日本の空港に到着してから”日本に帰ってきたという実感”が湧いてくるのだけど、日本の航空会社であるJAL便だと日本人乗務員ばかりなので、飛行機に乗り込んだ瞬間に日本に帰ってきたかのような錯覚を受けてしまうのである。

 

モスクワのドモジェドボ国際空港内でラウンジに向かう

さてまだ搭乗開始時刻まで時間があったので、少しの間だけでもプライオリティパスの使えるラウンジに行って、更にビールを飲む事にする。そのラウンジは空港の2階部分にあったけど、さっきの1階に比べるとご覧のように全然人が居ないのであった。。

 

モスクワのドモジェドボ国際空港内でラウンジに向かう-1

勿論ラウンジ内も全然人が居ません。なので利用客からすると、とても快適な状態でラウンジで過ごせるのである。

 

モスクワのドモジェドボ国際空港内でラウンジで軽食を取る

お腹は減ってないけど、空きっ腹にビールを飲むのはあまり良くないので、サンドイッチをつまむ事にする。

 

モスクワのドモジェドボ国際空港内でラウンジで休憩する

太陽の光が当たってポカポカしていた窓側の席に座る。ただアルコールを飲んでいるのもあるし、ポカポカ陽気で気持ちいいので寝てしまわないようにだけ注意が必要である。

 

モスクワのドモジェドボ国際空港内でラウンジで休憩する-1

これでロシアの景色を見るのもお別れである。

またロシアの地を踏む事があるのかは、「神のみぞ知る」って奴ですね!
マトちゃん
マトちゃん

是非またロシアに来てくださいね!

 

モスクワのドモジェドボ国際空港内でラウンジで休憩する-2

この有料ラウンジも全然お客さんが入って来なかったので、とても暇そうにしていた。

 

モスクワのドモジェドボ国際空港内でラウンジから見えたJALの飛行機

さて、搭乗開始時刻も近づいてきたので、そろそろJALさんのお世話になりますか。という事で搭乗ゲートへと向かいます。

 

 

モスクワからJAL直行便で成田へ

モスクワから成田へ飛ぶ、JALの飛行機内

帰りの飛行機も事前にウェブ・チェックインを済ませていたので、ある程度機内の乗客数は把握していた。2~3割程の搭乗率で何とも寂しい感じだけど、逆に今の時期は隣がいないに越した事はないし、横になって寝れるので有難い。

 

モスクワから成田へ飛ぶ、JALの飛行機内で出てきたおつまみとビール

飛行機が飛び立つと、まずはおつまみと共にドリンクを運んで来てくれます。既に飛行機に乗った時にCAさんにチョコレートをプレゼントしていたので、ドリンクを持って来てくれたCAさんから「わざわざお土産、ありがとうございます!」と声を掛けてくれました。

 

モスクワから成田へ飛ぶ、JALの飛行機内で出てきた機内食

そしてそのドリンクサービスの30分後には、まず1回目の機内食が出てきます。「ドリンクのお代わりはどうされます?」と聞かれたので「じゃあ、もう一本ビールをお願いします!」と伝える。するとそのCAさんはおもむろにアサヒビールを取り出して、プシューと開けた後に「あっすいません、サントリーがお好きと仰ってましたよね。すいません、直ぐに取り替えますね!」と開封したビールを交換しに行って、わざわざサントリーのビールに替えてくれました。

個人的にはわざわざビールの栓を開けたんだから「それを飲むよ」と伝えたけど、「いいえ、ダメです!」と交換してくれたCAさんは、まさしく日本的な真面目なサービスの象徴であった。ちなみに日本に帰ってからオカンにこの話を伝えると、「その開けたビール、カーテンの裏でCAさんが飲んでたんとちゃうか?!」との事。。

んな訳、ないでしょう~~!

 

モスクワから成田へ飛ぶ、JALの飛行機内で出てきた機内食-1

こちらの機内食はポークカツだった。カツっぽい色はしていなかったけど、確かにカツだった(でもベチャベチャだったけど・・・)。

 

モスクワから成田へ飛ぶ、JALの飛行機内で見たオーロラ

そして機内が消灯されてお休みモードに入っていた時に、静かな機内アナウンスが流れた。「ただいま、窓からオーロラが見える場所を飛行しております!」との事で、今までの人生で直接オーロラを見た事が無かったので、窓に食い入るようにしがみついてオーロラを眺めてみた。

ただ上空からでは、あまり綺麗に見えなかったけど・・・

 

モスクワから成田へ飛ぶ、JALの飛行機内で見たオーロラ-1

それよりも下の地面の方を見下ろした、この景色の方がまだ明るくてキレイに感じた。

 

モスクワから成田へ飛ぶ、JALの飛行機内で2回目の機内食を食べる

そして2回目の機内食は、こちらの軽食で流石にビールは飲まずにコーヒーをチョイスする。

 

モスクワから成田へ飛ぶ、JALの飛行機内はガラガラ

機内はガラガラだったのにわざわざボクの席の前列に移動して来る奴が、邪魔で仕方なかった。その前の席も空いていたので、1列位開けて座って寝ればいいのに・・・と少しムカムカもしながら快適に機内を過ごしたのである。

 

JALのCAさんからお返しに頂いたお菓子

そして無事飛行機は成田空港に到着します。こちらはJALのCAさん達からのお返しで、彼女らが持ち込んだお菓子を詰めてくれたという。

 

JALのCAさんからお返しに頂いたお菓子-1

さらに袋が入っていて、本当にCAさん達が機内でつまむお菓子が何点か入れられていた。お返しはともかく、ボクのあげたプレゼントで、ほんの僅かでもJALのCAさん達が一瞬でも幸せになってくれていれば本望である。

 

日本に無事到着

モスクワから成田空港に無事到着する

本来の日本到着時刻よりも約1時間早く成田空港に到着したようだ。本来なら約9時間35分のフライト予定だったけど、乗客数が少なかった為に飛行機の総重量が軽かったのが影響して、早く到着したのかもしれない。

 

モスクワから成田空港に無事到着する-1

この2020年3月18日現在ではロシア国内での、コロナウイルス感染者の累計者数はたった147人。対する日本国内では合計873人と遥かに多かった時期。なのでコロナウイルスについてはロシア国内よりも、この日本国内の方が警戒する必要がある。

 

モスクワから成田空港に無事到着しラウンジで一杯飲む

そして成田空港のラウンジでとりあえず無事帰って来れた事を祝って、ビールで1人乾杯をするのであった。ちなみに今回は成田空港でスーツケースを預けて家まで発送したので、帰りはとても楽ちんであった。

 

帰国してから体温を測る

家に帰って体温を一応測ったが、特に発熱の症状もなく、その後も特に問題はなかった。

 

クラブツーリズムから届いてたお便り

しかし家に帰ってみたら、残念な内容のこちらの通知書が届いていた。2020年4月21日から出発予定だったウズベキスタン旅行が、キャンセルになったのであった。まあ当然のキャンセルではあったけど、もしこのツアーが出発催行するのであれば、万全の備えをしてまで行こうと思っていただけに残念ではあった。

ちなみにクラブツーリズムからわざわざこの件で電話が掛かってきた。そしてその時に「8月にも同じツアーを用意しているので、そちらに振り替えられますか??」と言われたけど、コロナウイルスの先が見えていなかったので丁重にお断りさせてもらった。なお結果的にはこの8~9月の振替日でも、ツアーの催行は無理な状態であったのである。。

 

 

<まとめ>

今回の目的地はユーラシア大陸の大国ロシア。コロナウイルスの世界的な流行で、この旅行自体が危ぶまれたけど何とか訪問出来て良かったと思う。もしロシアに行っていなければ今まで通り、勝手なロシアのイメージを頭に抱えたまま、人生を過ごす事になっていただろう。

マトちゃん
マトちゃん

ロシアに来た事のない人は、実際にロシアを訪れて自分の目で見てみて!そうすると絶対にロシアの事が気に入るから!

 

こちらはモスクワ市内にある、新興金融都市のモスクワシティーにあるフェデレーション・タワーの展望台から、眺めたモスクワの夜景である。ロシアもソビエト連邦が崩壊後に、一気に民主主義・資本主義の流れが流入してきた為に、一昔前のモスクワとは景色や生活文化なども変わりつつあるようだった。

 

映画などでしか見た事のなかった「赤の広場」。実際に来るまでは警備が厳重で物々しいイメージがあったけど、行ってみると全然兵隊は見えないし、とてもオープンな観光スポットとなっていた。

 

映画『ミッション・インポッシブル:ゴースト・プロトコル』では実際に主演のトム・クルーズがこの辺りを歩いていたと思っていたけど、実はあれはCG合成されたシーンで彼はここには立っていなかった事実を知って愕然とした。。

 

そして何とも興味深かったのは、モスクワの地下鉄。今まで全然ロシアの地下鉄になんて興味が無かったけど、旅行に行く前に見た旅番組の中でモスクワの地下鉄のシーンがあった。その番組内ではこのように駅構内に設置された銅像に触る人が写っていたけど、実際に駅に行ってみると本当に通りがかりの人達が像をスリスリと触っていたのである。

 

そして核シェルター代わりにと地中深くに造られた地下鉄なので、このように長~~~いエスカレーターが設置されていた。

 

そして一番驚いたのが約2分間隔でモスクワの地下鉄全線が、運航している事だ。今まで知らなかったけど結構ロシア人は時間に正確なようだ。

ただし地下鉄車両の運行はとても荒かったけど・・・

 

勿論夜のモスクワも色んな場所がライトアップされていて、とても華やかで綺麗だった。

 

中でも奥に見えている、1950年代に造られた”スターリン・クラシック様式”と呼ばれるアメリカに対抗した建物群が威厳を放っていた。

 

それと何気なしに渡っていた橋では、数年前にプーチン政権を非難していた人が暗殺された場所でもあった。

 

表向きではとても安全な国で、自由な国のようにも感じたロシアだけど、絶対的な権力を持っているプーチン大統領の影響を思い知るのである。

 

それとロシアでは20世紀に入り、ロシア革命が起こりソビエト連邦が成立し、その後長くアメリカと冷戦状態になり、20世紀終わりにソ連は崩壊し、ロシア連邦とへ変わるロシア激動の20世紀であった。その陰ではこちらの救世主キリスト大聖堂のように、一旦壊された後に再び再建される建物もあったりで振り回されるけど、我慢強いロシアの国民たち。

 

ソ連は核爆弾ばっかり造っているイメージがあったけど、昔から世界で一番の物を色々と造っていたのである。今となってはすっかり観光名物と化している「鐘の皇帝」だけど、当時は国の威信を掛けて製造したのだろう。

 

こちらの「大砲の皇帝」も一度も戦争では使われた事がないという。あくまでもロシア帝国の威信をアピールする為に造られたようだ。でもこれだけの物を造れる余裕があったという所に、大国ロシアの力を垣間見れる気がする。

 

そしてモスクワの次に訪れたサンクトペテルブルグの街は、このピョートル大帝が建都してからまだ約300年しか過ぎていないとは思えない位に発展していた街であった。

 

そしてサンクトペテルブルクの観光ルートでは、必ず入るエルミタージュ美術館。冬宮殿とも呼ばれる、後ろのロシア皇帝達の王宮跡はいつも大勢の観光客でゴッタ返すのだが、今回の旅行ではコロナウイルスの影響でとても空いていた。

 

そんなエルミタージュ美術館は女帝エカテリーナ2世が、世界中からかき集めた美術品の数々が展示されていた。このように絵画だけではなく、イタリアのラファエロの回廊までそっくり複製して造らせたのである。

 

そんなエルミタージュ美術館では、「硫酸事件」で一躍有名になってしまったレンブラント作『ダナエ』などの絵をゆっくりと鑑賞できた。

 

『放蕩息子の帰還』 (Return of the Prodigal Son) by レンブラント・ファン・レイン

こちらのレンブラント作『放蕩息子の帰還』では、レンブラントの心境や息子を迎い入れる父親の心境にも考えさせられた。今までのブログでは絵画関係は簡単に済ませていたけど、エルミタージュ美術館の絵画では公式HPやネットで調べて殆どの作品のタイトルと作者名を記載してみた。

するとその時のブログたった1話を仕上げるのに丸1日掛かったりで、とても苦戦したけど逆にそれだけ時間を掛けて作成したからこそ、レンブラントの人生や他に描いた絵画や新旧聖書の話なども勉強する事が出来て、とても自己満足度が高い記事となった。

あくまで”自己満足度が高い”だけですよ~~!

 

 

『ライラックの潅木』 (Lilac Bush) by フィンセント・ファン・ゴッホ

今までは全然ヨーロッパの絵画には興味が無かったけど、これを機に興味がこれから湧いて来るかもしれない。そんなレベルのボクから見ても、このゴッホの絵は別格のように感じる程に凄さを感じた。

 

そしてこちらも考えられない位にガラガラだった、エカテリーナ宮殿。文字通り「独占」状態であった。

 

そのエカテリーナ宮殿の中でも一番豪華な「琥珀の間」も、ボク独りだけで独占して写真を撮りまくった。

 

そんなエカテリーナ宮殿やサンクトペテルブルグの街も第二次世界大戦(ロシアでは大祖国戦争と呼ぶ)で、ナチスドイツ軍に壊滅的に壊されたが、戦後はしっかり復興して今ではその影も見られない位になっていた。

 

「Napoleon's Retreat from Russia」Adolph Northen-ナポレオンのモスクワからの退却

「Napoleon’s Retreat from Russia」-Adolph Northen

現地ガイドさんから、ロシア人は「ナポレオンにもヒトラーにも打ち勝ったロシアは、コロナウイルスにも負けない!」と考えていると聞いたけど、結果的にはコロナウイルスの前には完敗したロシアであった・・・。

 

ファベルジェ工房が製作したイースターエッグ「戴冠式の卵」

そしてロシアで驚いた極めつけは、ファベルジェ工房がロシア皇帝の為に製作したインペリアル・イースターエッグであった。金銀財宝などが惜しげもなく散りばめられて作られているだけではなく、実際に車輪やドア部分が動く程の精密さも兼ね備えていたのである。

 

『月桂樹の卵』(Bay Tree)-2

こんな国宝級のロシアの至宝も、ソ連時代に外貨稼ぎで海外に売却されてしまった物である。ただその時に売却された結果、今こうしてファベルジェ博物館で写真を撮れる訳で、もし売却されずにクレムリンの武器庫に保管されていれば、このように写真を撮る事が出来なかったのである。

そう思うと、このような至宝を写真に撮れている事に感謝である!

 

そして今回の旅では諦めかけていた、ロシアの至宝級美人さんの写真。世界的なモデルみたいなスタイリッシュなロシア系お姉さんではなく、腕全体にタトゥーが入っていた可愛い系お姉さんだったけど、とても愛嬌がある笑顔に満足した瞬間であった。

 

そして今回のツアー参加者さんの中でも面白かったのが、こちらの75歳最年長の”元衣装屋さんで趣味で絵を描くオジサン”。奥さんや娘からロシア旅行を大反対されたにも関わらず「この時期にどんな変人が来るのか?と楽しみにしていた」という一番変態のオジサンでした(笑)。

話を聞いていると衣装屋として都内で駆けずり回って仕事をしてきた人生らしく、「遊んでいる暇なんて今までの人生で全然無かった・・・」とか言いながら、話をよ~~く聞いてみるとこの旅行の先月にはフランスに行ったり、それ以外にも他に色々と海外旅行した話などを披露してくれて、”実はこう見えても、ちゃっかり遊んでいるタイプ”のオジサンでもありました(笑)。

 

”元衣装屋さんで趣味で絵を描くオジサン” の描いた作品-3

”元衣装屋さんで趣味で絵を描くオジサン” の描いた作品-3

そしてそんな変態オジサンが、趣味で絵を描いた作品を送ってくれました。絵画教室で毎回先生に「アンタは絵の才能がない!」と言われ続けてきたそうですが、ボクから見たらオジサンの素直な願望が絵に現れていると思うので、素晴らしい作品だと思います。

 

”元衣装屋さんで趣味で絵を描くオジサン” の描いた作品-4

”元衣装屋さんで趣味で絵を描くオジサン” の描いた作品-4

ロシアの美術館で見たように絵画の価値なんて、画家が死んだ後にビックリする位に高騰するものもあるし、ゴッホなんて生前に1枚位しか絵が売れなかったとも言われているし。だから自分の描いた絵で周りの人達がどう言うかは問題じゃなくて、自分が描きたい絵を自分の心通り素直に表現する事の方が大事だと思う。

 

今回のロシア旅行記を通して、ロシア旅行中には勉強しきれなかった位に色んな知識などを得て、とても勉強になった。ロシアと一口に言っても色んな歴史が詰まった大国であり、そこには散っていった多くの人達の命と共に今のロシアが築かれているのである。

 

今回のロシア旅行で一番実感した事は、「やっぱり現地の事は自分の足で実際に訪れて、自分の目で見ないと現状は理解できない!」という事だ。この次に旅行の予定をしていたウズベキスタンや、去年キャンセルしたクロアチア旅行も計画していたけど、コロナウイルスの世界的な蔓延の為に残念ながら全て中止となってしまった・・・。

しかしいつかはコロナウイルスも収まる。

その時はまだまだ全然知らない海外へと、怯む事無く足を踏み出して、色んな知識や見聞を広めていって、今よりももっともっと大きい人間になりたいと思う!

 

PS. 今回もJALの乗務員さん達にはコロナウイルスの影響で業務的にも大変な時期だったにも関わらず、いつもながらの丁寧な接客をして頂いて、厚く御礼申し上げます。そして世界的な渡航自粛の影響で企業の存続にも関わる重大な年となった2020年でしたが、明るい明日へ向かって前向きな気持ちを持って、今は苦しい業務を頑張って頂けます様、心から応援しております。
2020.7.22

<完>

 

↓↓↓↓ロシア旅行記:過去の旅行記↓↓

【ロシア旅行記-阪急交通社ツアー】2020年JAL直行便でロシアのモスクワへ旅立つ
2020年3月中旬に訪れたロシア。この3月中旬はコロナウイルス騒動の影響で旅客が減っていたので、ガラガラに空いた空港と飛行機でロシアの首都モスクワへと向かって旅立つのであった。。
ミラン・ホテルにチェックインし、モスクワ名物の地下鉄を乗りに行く
2020年3月中旬に訪れたロシア。まずは空港から近い「ミラン ホテル」にチェックインを済ませて、モスクワの街を代表する立派な地下鉄に乗り込み、モスクワシティーを目指すのである!
モスクワで一番高いフェデレーションタワー展望台から夜景を眺める
2020年3月中旬に訪れたロシア。モスクワでも新しいモスクワシティーにあるフェデレーションタワーが、374mとモスクワの建物の中で一番高いのである。そんなビルの展望台から夜のモスクワ市内を360度眺めてみる。
セルギエフ・ポサドにある世界遺産トロイツェ・セルギエフ大修道院
2020年3月中旬に訪れたロシア。2日目の午前はモスクワ近郊にある世界遺産『トロイツェ・セルギエフ大修道院』をまずは訪れてみます。そこにはネギ玉型をしたロシア正教の建物群が見られる場所です。
トロイツェ・セルギエフ大修道院で最も大きいウスペンスキー大聖堂内
2020年3月中旬に訪れたロシア。2日目の午前はセルギエフ・ポサドにある世界遺産『トロイツェ・セルギエフ大修道院』を見学し、ウスペンスキー大聖堂の中ではフレスコ画やイコンなどが沢山見る事が出来ます!
セルギエフ・ポサードで激安の中国産マトリョーシカを物色?!
2020年3月中旬に訪れたロシア。セルギエフ・ポサドで観光を終えた後に安い中国産マトリョーシカを見てから昼食を取り、それから土砂降りのモスクワ市内へと戻りメトロポールホテルで一旦雨宿りを。。
赤の広場周辺で散策して、グム百貨店内や聖ワシリー寺院を眺める
2020年3月中旬に訪れたロシア。モスクワ市内に戻り、その中心地でロシアを代表する「赤の広場」を訪問します。そこに隣接する広大なグム百貨店に入ったり、聖ワシリー寺院を間近に眺めてみる。
赤の広場、聖ワシリー寺院前のミーニンとポジャルスキー像を眺める
2020年3月中旬に訪れたロシア。モスクワ市内でも一番有名な「赤の広場」で、そこそこ晴れてきた景色の中で再び聖ワシリー寺院やスパスカヤ塔を眺めてみた!
76体の銅像が地下鉄駅に飾られる、モスクワのレヴォリューツィ駅
2020年3月中旬に訪れたロシア。2日目の夜はモスクワ市内の、沢山の銅像が飾られている地下鉄「プローシャチ・レヴォリューツィ駅」へ向かう。そこでは幸運を得るために犬の銅像の鼻を触っていく人達の姿が見られる。
夜の赤の広場はライトアップされて、昼間とは全然違う綺麗な景色!
2020年3月中旬に訪れたロシア。2日目の夜は地下鉄でモスクワ市内中心部へと向かう。すると昼間の景色とは違い、キレイにライトアップされて電飾が飾られている赤の広場の景色は、必見すべき光景である!
モスクワでオススメ夜景スポットはモスクワ川に突き出たパリャシー橋
2020年3月中旬に訪れたロシア。モスクワ市内中心部でザリャジエ公園の一角にある、突き出た展望台のパリャシー橋からモスクワ川を眺める。そこからはスターリン様式の輝く建物などが見られる絶景の夜景スポットです!
夜のモスクワ市内をひとり散策して、乱暴に走る地下鉄に振り回される
2020年3月中旬に訪れたロシア。モスクワ市内中心部での散策を終了し、充分に楽しんだ夜の街。帰りはボリショイ劇場前から地下鉄に乗って、ミランホテルまで帰ります。
モスクワのクレムリン周辺でアレクサンドロフスキー庭園を見学
2020年3月中旬に訪れたロシア。3日目はモスクワのクレムリン見学で、まずはその前に城壁の外にあるアレクサンドロフスキー庭園などを見学してからスタートです。
モスクワのクレムリンで、武器庫やロシア正教の聖堂などを見学
2020年3月中旬に訪れたロシア。モスクワ市内でロシア政治の中心部でもあるクレムリン内に入り、まずはロシア王朝の数々のお宝や装飾品、衣装、馬車などが所蔵されている武器庫を見学します!
ギネスブックに載る程バカデカい大砲と鐘があるモスクワのクレムリン
2020年3月中旬に訪れたロシア。ロシア政治の中心部でもあるクレムリン内でウスペンスキー大聖堂内を見学した後は、世界で最も大きい皇帝の大砲「ツァーリ・プシカ」と、クレムリンでも最大級の未使用の割れた鐘を眺める。
モスクワから特急列車サプサン号でサンクトペテルブルクへ移動
2020年3月中旬に訪れたロシア。モスクワで昼食後は近くのチョコレート専門店「アリョンカ」に立ち寄ってお買い物。その後はモスクワ駅より特急列車サプサン号に乗って、一路サンクトペテルブルクへ向かいます!
サンクトペテルブルクでボルシチ&ピロシキを食べてホリデーイン宿泊
2020年3月中旬に訪れたロシア。特急列車サプサン号でサンクトペテルブルクへ到着後はその足で夕食レストランへ向かいます。ピロシキなどを食べた後はホリデーイン・ホテルでチェックイン!
ロシア皇帝アレクサンドル2世の暗殺場所に建てられた、血の上の教会
2020年3月中旬に訪れたロシア。すっきりと晴れたサンクトペテルブルクで、まずはロシア皇帝アレクサンドル2世が暗殺された場所に建てられた、ロシア正教の教会を訪れます。
サンクトペテルブルグのピョートル大帝像に挨拶をしウォッカを味わう
2020年3月中旬に訪れたロシア。サンクトペテルブルクの街でも中心部である元老院広場で、この街で大人気のピョートル大帝の騎馬像を見学。そして近くにあるイサク大聖堂を眺めた後はお土産屋さんに立ち寄ります。
世界三大美術館と言われるエルミタージュ美術館の食堂で昼食を食べる
2020年3月中旬に訪れたロシア。サンクトペテルブルクの街でも観光客が必ず訪れる、”世界三大美術館”とも称されるロシア帝国が収集した美術品が集うエルミタージュ美術館を訪れる。
エルミタージュ美術館の「ピョートルの間」で皇帝の椅子を見物
2020年3月中旬に訪れたロシア。サンクトペテルブルクの街で”世界三大美術館”エルミタージュ美術館の内部へと進んで行きます。まずは入口の「大使の階段」を登り、「ピョートルの間」や「元帥の間」などへと進む。
エルミタージュ美術館にある、ぜんまい仕掛けで動く黄金の孔雀時計
2020年3月中旬に訪れたロシア。エルミタージュ美術館の内でまずは「パヴィリオンの間」を訪れて、床にあるモザイク画や黄金色に輝く、1794年から未だに動くぜんまい仕掛けの孔雀時計を眺める!
エルミタージュ美術館でダヴィンチの傑作『リッタの聖母』を鑑賞
2020年3月中旬に訪れたロシア。エルミタージュ美術館でもひと際人気の「レオナル・ド・ダヴィンチの間」に飾られている、聖母マリアがほほ笑む傑作”リッタの聖母”を眺める!
ラファエロの回廊やミケランジェロの作品『うずくまる少年』を鑑賞
2020年3月中旬に訪れたロシア。エルミタージュ美術館で若くして世を去った天才画家ラファエロが残した作品や回廊を眺めて、これまた天才彫刻家ミケランジェロの「うづくまる少年」を間近で考察する。
エルミタージュ美術館のエル・グレコやベラスケスやレンブラント絵画
2020年3月中旬に訪れたロシア。エルミタージュ美術館内でスペインを代表するエル・グレコやベラスケス、オランダ絵画の巨匠レンブラントの絵を鑑賞する。そして有名な硫酸が掛けられたという絵も鑑賞します!
レンブラント作品『放蕩息子の帰還』やルーベンス作品を鑑賞
2020年3月中旬に訪れたロシア。エルミタージュ美術館内で引き続きレンブラントの「放蕩息子の帰還」や「イサクの犠牲」、ルーベンス作「大地と水の結合」などをじっくりと鑑賞して行きます!
エルミタージュ美術館内で、ロマノフ王朝の歴代皇帝達とご挨拶
2020年3月中旬に訪れたロシア。エルミタージュ美術館内で与えられたフリータイム時間内で、ロマノフ王朝時代の歴代皇帝達が過ごした冬宮殿なのでまずは皇帝達と面会します!
お次はエルミタージュ新館で、近代ヨーロッパ芸術作品を鑑賞
2020年3月中旬に訪れたロシア。エルミタージュ美術館の見学を終えた後は宮殿広場の向かいにある旧参謀本部の建物内にある、エルミタージュ新館へと入って行き近代ヨーロッパ美術の絵画を鑑賞して行きます!
エルミタージュ新館で、近代美術のルノワールやセザンヌの絵画を鑑賞
2020年3月中旬に訪れたロシア。エルミタージュ新館で近代ヨーロッパ美術の絵画を鑑賞し、ルノワールやセザンヌなどの作家を次々に見学していきます。
エルミタージュ新館で、ゴッホやゴーギャンのコレクションを鑑賞
2020年3月中旬に訪れたロシア。エルミタージュ新館で近代ヨーロッパ美術の絵画を鑑賞していき、ゴッホやゴーギャンなどの作品が展示されている部屋へと進んで行きます。
エルミタージュ美術館に沢山展示されているパブロ・ピカソの絵
2020年3月中旬に訪れたロシア。エルミタージュ新館に展示されている近代ヨーロッパ美術で、フランス芸術を代表するパブロ・ピカソの絵画を鑑賞して行きます。
エルミタージュ美術館でアンリ・マティスの絵を見て、晩飯はピロシキ
2020年3月中旬に訪れたロシア。エルミタージュ新館で最後に「アンリ・マティス」の鮮やかな色彩の絵画を鑑賞した後は、サンクトペテルブルク市内のレストランでピロシキなどの夕食を食べる!
雪が薄っすら積もったサンクトペテルブルクでエカテリーナ宮殿を訪問
2020年3月中旬に訪れたロシア。5日目の朝は薄っすらと雪が積もっていたサンクトペテルブルク。まずは戦勝記念碑をバスから眺めながら、豪華な内装のエカテリーナ宮殿を訪れます。
エカテリーナ宮殿でガラガラに空いている時に訪問し大広間を独占見学
2020年3月中旬に訪れたロシア。サンクトペテルブルクの街でも人気のエカテリーナ宮殿を訪れますが、一番乗りで訪れたからか、全然宮殿内に人が居なくてガラガラ状態で見学を満喫!
エカテリーナ宮殿で「アラベスクの間」や「騎士の食堂の間」を見学
2020年3月中旬に訪れたロシア。サンクトペテルブルクの街でエカテリーナ宮殿の見学を続けていきます。「アラベスクの間」や「騎士の食堂の間」や「白の主食堂」などを見学します!
エカテリーナ宮殿内でも最も豪華な部屋「琥珀の間」を独り占め!
2020年3月中旬に訪れたロシア。サンクトペテルブルクのエカテリーナ宮殿の見学は続きます。この宮殿内で一番豪華で目玉な、2003年に修復工事が完了して解放された「琥珀の間」を見学します!
エカテリーナ宮殿の「アレクサンドル1世の客間」「緑の食堂」も見学
2020年3月中旬に訪れたロシア。サンクトペテルブルクのエカテリーナ宮殿の見学がまだまだ続きます。「アレクサンドル1世の客間」や「緑の食堂」などもこれから見ていきます!
贅沢を極めたエカテリーナ宮殿見学後に、「わさびウォッカ」を味わう
2020年3月中旬に訪れたロシア。サンクトペテルブルクのエカテリーナ宮殿の見学も今回がラスト。最後にじっくりと宮殿の外観などを眺めた後は近くのレストランに立ち寄り、わさび入りのウォッカとビールを味わうのであった!
ロシア皇帝が母親への贈り物として造らせた豪華絢爛イースターエッグ
2020年3月中旬に訪れたロシア。サンクトペテルブルクの街中にあるファベルジェ博物館で、ロシア皇帝達が母親や奥さんにプレゼントする為に宝石商の金細工師だったファベルジェに造らせたイースターエッグなどを眺める!
ファベルジェ工房作「インペリアル・イースターエッグ」の至宝の数々
2020年3月中旬に訪れたロシア。サンクトペテルブルクの街中にあるファベルジェ博物館で、ロシア皇帝が造らせたロシアの至宝とも言える「インペリアル・イースターエッグ」を次々と拝見していきます!
ファベルジェ博物館には、ロシア帝国の至宝が展示されている
2020年3月中旬に訪れたロシア。サンクトペテルブルクの街中にあるファベルジェ工房などが作った精巧な細工品の数々が展示されているファベルジェ博物館は、非常に見所のある場所なので是非とも訪れてください!
サンクトペテルブルクで見つけた美女は、ゴッツい刺青の持ち主だった
2020年3月中旬に訪れたロシア。サンクトペテルブルクの街で海戦勝利記念が置かれているストリェールカからネヴァ川を眺めて、その後はこの街で一番人気なロシアン・ビールパブで夕食となります。
チョコレートの買い溜めして、サンクトペテルブルクの空港へ向かう
2020年3月中旬に訪れたロシア。サンクトペテルブルクの街で最後の夜はスーパーマーケットでチョコレートやお酒を買い込む。そして翌日は朝食を食べた後は空港へ向かい、モスクワへと向かうのである。
タイトルとURLをコピーしました