【スリランカ旅行記②】スリランカに入国、ネゴンボのラマダホテルに宿泊

スリランカ旅行記:1~2日目
クラブツーリズムツアー「お1人様参加限定:スリランカ6日間」-2020年2月6~11日

 

輝くスリランカに入国

チャンギ空港からコロンボへ向かう飛行機

さてスリランカに向かう旅はシンガポールのチャンギ空港で乗継して、再びシンガポール航空の飛行機でスリランカで最大の国際空港である「バンダラナイケ(コロンボ)国際空港」(CMB:Bandaranaike International Airport)へと向かいます。

 

スリランカへ向けて出発

チャンギ空港からコロンボへ向かう飛行機内で渡された、スリランカ入国カード

再びシンガポール航空の機内に入ると、スリランカに入国の際に記入が必要な”スリランカ入国カード”と、もう一枚別の紙が渡されます。

 

スリランカ入国カードの内容

この”スリランカ入国カード”は入国ビザとは別に、内容を記入して入国審査時に提出する必要があります。しかしよくある入国カードの内容で、「⑤スリランカでの滞在先」は初日に泊まるホテルの内容を書いておけばいいでしょう。

 

入国カードの記入内容

1:便名
2:パスポートNo
3:国籍
4:名前
5:スリランカでの滞在先
6:同行するこどもの数
7:搭乗地
8:渡航目的&スリランカ入国日&本人の署名
9:記入不要

※入国日の記入は今回だと06日02月2020年となります。

 

スリランカ入国カード共に渡された「健康申告書」

そしてもう一枚手渡された細長い紙は「健康申告書」(Health Declaration Form )という物で、コロナウイルスが感染し始めた為に最近の健康状態や中国への渡航歴などを記入する欄があります。

 

スリランカ入国カード共に渡された「健康申告書」の裏面

この書類でメインなのは裏面で、中国に2週間以内に渡航歴があるか? それと咳や熱があるかとの健康状態の報告欄です。一応イマイチ英語が分からなかったので記載されている中国漢字も参考にしながら記入しましたが、入国審査前に空港内の通路で立っていた係員に提出するだけでした。

空港の係員にその紙を渡す時も相手は全然内容を確認する訳ではなく、「とりあえず集めているだけ!」って感じでした・・・

 

スリランカへ向かうシンガポール航空機内の様子

再びスレンダーな衣装を着たシンガポール航空CAさんに、温かいおしぼりを頂けるのが至福の時間でもあります。ちなみにシンガポールからスリランカのコロンボ空港までのフライトは、約3時間50分の予定。だいたい映画が2本見れる飛行時間となっています。

 

スリランカへ向かうシンガポール航空機内食のメニュー

こちらは機内食のメニューで、1人一枚渡されます。

ただし食べれる機内食は全然この写真のイメージにもある、和食のような海鮮系のような物ではありませんが・・・

 

スリランカへ向かうシンガポール航空機で出てきた機内食

離陸の約1時間に、機内食が出てきます。

後から見返すと沢山ビールばかり飲む、初日の移動だった。。

 

スリランカへ向かうシンガポール航空機で出てきた機内食のビーフ

こちらは行先のスリランカに合わせてか、カレーっぽいビーフ料理が出てきました。

 

スリランカへ向かうシンガポール航空機で出てきた機内食のビーフカレーを食べます

カレーというよりかはビーフをライスのトレイに一緒に入れているといった感じですね。

 

 

スリランカに到着する!

機内モニターに映る、スリランカの地図

そしてスリランカの現地時間23時過ぎに、やっと目的地のコロンボ空港に到着します。コロンボはスリランカの中でも中西部に位置する都市。首都としてはスリ・ジャヤワルダナ・プラ・コッテに明け渡したものの、人々の活動状況などからすると実質的には未だに首都的な役割を果たすコロンボの街。

 

スリランカのコロンボ空港に到着

日本を発ってから乗継待ち時間も含めて、約15時間でスリランカの地に足を踏み入れます。

 

スリランカのコロンボ空港内の様子

到着便が現地時刻で遅い時間だったのもあってか、意外と入国審査で混み合う事もなく、そして入国審査で問題になる人も無く、無事スリランカの入国完了。そして空港内のゲートを出ると、待機していた現地ガイドさんが「お疲れ様です~~!」と寄ってきます。

 

スリランカのコロンボ空港内で出会った現地ガイドのパリタさん

こちらの男性がスリランカでの現地ガイドである「パリタさん」。今回のスリランカ旅には最初から最後の見送りまで同行してくれるガイドさんで、日本語が喋れる現地ガイドさんです。

更には何と日本のテレビ番組にも出た事のある、有名人でもあるのです!それはまた後程紹介します。

 

スリランカのコロンボ空港に到着し、バスに移動する

さて到着して早速近くに停まっているバスに向かいます。外はすっかり真っ暗ですが、南国らしくヌルい気候を感じるスリランカ。

 

スリランカのコロンボ空港に到着し、バスに移動する-2

バンダラナイケ国際空港に到着後、これから向かうホテルがあるのはネゴンボ(Negombo:ニゴンボとも呼ばれる)というコロンボから約37km離れた街。ただしこの空港はほぼネゴンボ寄りにあり、ホテルまでの実際の距離は約6km。

 

スリランカのコロンボ空港に到着し、移動したバス車内の様子

バスはネゴンボの街に向かい出発し、車内では現地ガイドさんと添乗員さんから挨拶及び簡単な注意点の説明があります。

 

スリランカのコロンボ空港に到着し、移動したバス車内から見えた景色

既に深夜24時を過ぎていて、既に周りは真っ暗。これだと全然スリランカというのが分かりません。。

 

 

ネゴンボの「ラマダホテル」にチェックイン

スリランカのネゴンボにある、「ラマダ・カトゥナヤカ・ホテル」(Ramada by Wyndham Katunayake)

そしてバスで約20分程走った所で、辿り着いたのがこちらの「ラマダ・カトゥナヤカ・ホテル」(Ramada by Wyndham Katunayake)

 

ラマダ・カトゥナヤカ・ホテル
(Ramada by Wyndham Katunayake)

 

住所:842 Negombo Rd, Negombo, スリランカ

 

 

スリランカのネゴンボにある、「ラマダ・カトゥナヤカ・ホテル」のフロント

こちらのラマダ・ホテルは世界展開しているホテルチェーンです。そしてこのホテルはバンダラナイケ国際空港から近い為に、エアポートホテルとしてもよく利用されているようです。

 

ホテルの部屋は・・

スリランカのネゴンボにある、「ラマダ・カトゥナヤカ・ホテル」の部屋内

世界的なホテルチェーンのラマダホテルは色んな国で宿泊した事があるけど、そこそこって感じの部屋。添乗員さんから事前にスリランカは他の国よりもあまりホテル事情は良くないので、お湯が出ない等のご不満に対応できかねる場合がありますので事前にご了承下さいませ!」とのアナウンスがあった。

 

スリランカのネゴンボにある、「ラマダ・カトゥナヤカ・ホテル」の部屋内-2

経済的にあまり発展していない国だと、ある程度は我慢しないといけないようだ。まあでもコロンボの空港近くの世界チェーンのホテルだけあって、特に問題無さそうな部屋。

と言っても到着が遅かったので約7時間ほどしか、このホテルには滞在しないんだけどね・・・

 

スリランカのネゴンボにある、「ラマダ・カトゥナヤカ・ホテル」の部屋内のシャワー

これまで泊まったホテルでお湯が出なかった事は、モロッコでサハラ砂漠内にあるホテルでの1回だけ。心配したけど、何だかんだで今回スリランカでボクの泊まった部屋は問題なくお湯が出ましたね。

 

スリランカのネゴンボにある、「ラマダ・カトゥナヤカ・ホテル」の部屋内-3

という事でスリランカの初日は早々に就寝するのであった。しかし実際にはこの時点で初日は過ぎて、2日目に突入していたのであるが。。

 

スリランカの2日目

スリランカのネゴンボにある「ラマダ・カトゥナヤカ・ホテル」の朝食会場

スリランカでの早速2日目は朝6時半前に目覚めて、その足で朝食会場に向かう。

 

スリランカのネゴンボにある「ラマダ・カトゥナヤカ・ホテル」の朝食会場に置かれていた食事

スリランカの一般家庭では1日3食はほぼカレー三昧だという。カレーと言っても日本のようなカレーではなく、野菜が混じったのとか、レパートリーが豊富なカレーである。

 

スリランカのネゴンボにある「ラマダ・カトゥナヤカ・ホテル」の朝食会場に置かれていた食事-2

なので今回の食事は大体がホテル内のレストラン会場での食事であった。その方が観光客向けに味が辛くなかったり、食べ易い物とかも置いてくれているので。

 

スリランカのネゴンボにある「ラマダ・カトゥナヤカ・ホテル」の朝食会場で食べる朝食

という事でスリランカの朝食とは全然思えないチョイスをしてみた。

まあこれからはいくらでもスリランカ・カレーを食べれるチャンスはあるので、最初は様子見という事で。。

 

 

ラマダ・ホテルの景色

スリランカのネゴンボにある「ラマダ・カトゥナヤカ・ホテル」の外観

さて朝食を済ませた後は、昨日到着した時には既に暗かったのでラマダホテルの全景を写真に収める。

 

スリランカのネゴンボにある「ラマダ・カトゥナヤカ・ホテル」の前の道路

そしてスリランカの道路事情を眺めてみる事にする。スリランカでは「スリーウィーラー」とも呼ばれるトゥクトゥク(TukTuk)が街中を走り回っているのが見える。

 

ネゴンボのホテル前の通り 動画

スリランカの国で、ネゴンボのホテル前の道路での喧騒

 

スリランカのネゴンボにある「ラマダ・カトゥナヤカ・ホテル」に飾られていた大阪城のポスター

ホテル内の壁には何故か、このように大阪のポスターが貼られていた。大阪には元々の東洋ホテルから改称されて「ラマダホテル大阪」と営業していたホテルが梅田の近くにあったけど、2013年中に閉館されている。

 

 

スリランカのネゴンボにある「ラマダ・カトゥナヤカ・ホテル」内のプール

スリランカは年中気温が暑い地域だけど、朝はちょっと涼しい。スリランカの国内でも北側や南側によって違うけど、コロンボ周辺を観光するベストシーズンとしては暑くもなく雨も少ない1月~この2月頃がベストシーズンだという。

 

スリランカのネゴンボにある「ラマダ・カトゥナヤカ・ホテル」内のプールの看板

プールもあったけど、朝早いから勿論誰も飛び込んで泳いでいる人は居ない。。

 

スリランカのネゴンボにある「ラマダ・カトゥナヤカ・ホテル」内のプール-3

昨日シンガポール航空経由でスリランカまでやって来たけど、別に阪急交通社の団体さん(と言っても6人だけ)も同じ飛行機に乗り合わせていた。そしてその阪急交通社の団体さんもこのホテルに泊まっていて、朝食会場に座っていたので試しに話しかけてみた。

 

スリランカのネゴンボにある「ラマダ・カトゥナヤカ・ホテル」内のプール脇に生えていた植物

大体海外旅行時に他の日本人団体のメンバーにいきなり話しかけるとビックリされるんだけど、意外とすんなり受け入れてくれて、こちらのメンバーと仲良くなるよりもその阪急交通社の参加者さんと仲良くなってしまった。

普段は阪急交通社のツアーを利用する事が多いボクなので、どこか親近感を感じたのである!

 

アヌラーダプラへ移動

ネゴンボから『聖地アヌラーダプラ』(Anuradhapura)まで移動するバス車内

さて今日の観光は1982年に世界遺産の文化遺産に登録された『聖地アヌラーダプラ』(Anuradhapura)を観光します。それが終わった後はシギリヤ地域の、シギリヤロックが敷地から見えるというホテルに宿泊する予定。

 

アヌラーダプラに向かうバスの車窓からの景色 動画

スリランカの国でネゴンボからアヌラーダブラへ向かう途中に見えた景色①

 

ネゴンボからアヌラーダプラまで移動するバス車内で両替した、スリランカ・ルピー

そして昨日は空港到着時に両替する時間が無かったのもあり、現地ガイドさんが用意している両替パックで両替を車内で行います。この両替パックは日本円5,000円⇒⇒7,540スリランカ・ルピーという、空港で両替するのと同じようなレートでの両替でした。

 

ネゴンボからアヌラーダプラまで移動するバスからの景色

インドにはまだ行った事がないけど、インドに行った事のある人曰く「インドよりも全然綺麗!」というスリランカの道路。

 

バスの車窓からの景色 動画

スリランカの国でネゴンボからアヌラーダブラへ向かう途中に見えた景色②

 

パスポートに貼られている、スリランカ入国ビザのシール

こちらの右下に貼られているのが、スリランカの短期ビザである。入国後30日以内限定というビザで、今回は無料で取得できた。

 

 

途中の休憩所にて

ネゴンボからアヌラーダプラまで移動する途中に訪れた休憩所

ネゴンボのラマダホテルを出発してから、約1時間半でこちらの休憩所に到着します。まずは混む前に駆け足でトイレに向かいます。

 

アヌラーダプラまで移動する途中に訪れた休憩所に居た、三本足のワンちゃん

スリランカは世界的にも貧しい国に属するので、現地のワンちゃんもあまり栄養状態が良くない体だったり、体が汚いワンちゃんが多かった。そしてこちらのワンちゃんは左前脚が無かったが、それでも3本脚で懸命に生きているようだ。。

 

アヌラーダプラまで移動する途中に訪れた休憩所前の道路

スリランカの印象って、セイロンティーに代表されるように”紅茶のイメージ”しか持っていなかった。ただ実際に現地を訪れてみると、自然がとても豊かな国であった。

 

アヌラーダプラまで移動する途中に訪れた休憩所前でスリランカ国旗を持つオジサン

こちらはスリランカの国旗である。イギリスの植民地となっていたセイロンが1948年に独立した時に選定された旗で、元々のキャンディー王朝時代のデザインを流用している。

ちなみにこちらの旗を持っているオジサンは”マジシャン会長オジサン”である。ボクの親父位の年齢の方で、今回の旅行で最も仲良くなったオジサンである。

マジシャンというあだ名が付くのは旅の後半頃で、その詳細も後日アップします!

 

アヌラーダプラまで移動する途中に訪れた休憩所-2

いきなり日本人の観光客団体が押し寄せた、こちらの休憩所に居た現地民たちの皆さんはちょっと驚いたような顔でこちらの見ていたが。。

 

アヌラーダプラまで移動する途中に訪れた休憩所で売られていたサンドイッチ

ただ日本人観光客のツアーだと途中に立ち寄れるトイレとかも、汚いと苦情が出るので寄る場所も限られてくるようだ。だからそういう意味ではこの休憩所には、日本人ツアーが頻繁に立ち寄る場所だとは思う。

 

アヌラーダプラまで移動する途中に訪れた休憩所で置かれていたキング・ココナッツ

南国の街角でよく見かける、キング・ココナッツの実。これを割って中のジュースを飲むのであるが、外側の皮を見て新鮮な実かどうかを判断しておかないといけない。

ボクは新鮮なココナッツの実かを見ていなかったので、後で失敗しました・・・

 

バスのフロントガラスに貼られていた、今回のツアー案内

今回クラブツーリズムのこのスリランカ1人旅を選んだのは、阪急交通社の1人参加限定旅ばかり行き過ぎて、選べる旅行先が少なくなっていたから。本来は8日間以上のツアーを選びたかったのだが、希望に合う条件のツアーがなくて、仕方なしに6日間のこのツアーに申し込んだのである。

 

アヌラーダプラまで移動する途中の風景

そして休憩を終えて再びバスは出発する。だいぶ田舎道を走っているので、目前にはヤシの木ばかりが見える。

 

バスからの車窓 動画
スリランカの国でネゴンボからアヌラーダブラへ向かう途中に見えた、南国らしい景色です!

 

現地ガイドのパリタさんから貰った、マスクと殺菌ハンドジェル

そして現地ガイドのパリタさんが所属する現地旅行会社から、このマスクと殺菌ハンドジェルを全員に1個ずつのプレゼントを貰う。日本では当時国内では既にマスクが売り切れて続出していた時期なので、とてもありがたいプレゼントだったけど結局まだ使ってないのです。。

 

スリランカでのコロナウイルス感染者は、1月27日に武漢から旅行に来た中国人女性が初の感染者となる。その女性は直ぐに中国に送還されて、その翌日には合わせて中国からの入国ビザ発行を停止する。

 

この初動対応が早かった影響でスリランカでの国内感染者は、3月11日に国内在住の男性が初めて感染するまで未感染状態であった。

 

こんな旅はまた次回に続きます!

よければ下記ブログ村のボタンをポチッとお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

↓↓↓↓スリランカ旅行記:初回↓↓

【スリランカ旅行記①】2020年に”光り輝く島”スリランカのコロンボへ
クラブツーリズムの1人参加限定ツアーで訪れた2月のスリランカ。まずは関西国際空港からシンガポール航空経由でチャンギ空港乗継し、スリランカのコロンボ空港を目指す!
タイトルとURLをコピーしました