九州縦断旅行記(2020夏)

下関と北九州地を結ぶ、全長780mの開門トンネルを歩いて渡る!

2020年8月に訪れた北九州で、本州と九州を隔てる関門海峡の地下に造られている「関門トンネル」の人道780mを歩いてみる事にする。
九州縦断旅行記(2020夏)

北九州市の人気観光地”門司港レトロ”から、関門海峡を目指す

2020年8月の炎天下の時期に訪れた北九州で、まずはすっかり人気観光地となった”門司港レトロ”の雰囲気を楽しみます。そしてその後は本州とを隔てる関門海峡へと向かいます!
九州縦断旅行記(2020夏)

小倉から始まり、別府~熊本~鹿児島~桜島と巡る九州縦断旅開始!

2020年8月の炎天下の時期に訪れた九州。まずは小倉で以前バルト三国旅行で知り合った”エロ坊主オジサン”と再会し、門司港へと連れて行ってもらいます!
ロシア旅行記(2020)

サンクトペテルブルクからモスクワ経由のJAL直行便に乗って帰国

2020年3月中旬に訪れたロシア。遂に帰国する日がやって来ました。まずはサンクトペテルブルグからモスクワへとS7航空で向かい、モスクワから成田へとJAL直行便で日本に帰国します!
ロシア旅行記(2020)

チョコレートの買い溜めして、サンクトペテルブルクの空港へ向かう

2020年3月中旬に訪れたロシア。サンクトペテルブルクの街で最後の夜はスーパーマーケットでチョコレートやお酒を買い込む。そして翌日は朝食を食べた後は空港へ向かい、モスクワへと向かうのである。
ロシア旅行記(2020)

サンクトペテルブルクで見つけた美女は、ゴッツい刺青の持ち主だった

2020年3月中旬に訪れたロシア。サンクトペテルブルクの街で海戦勝利記念が置かれているストリェールカからネヴァ川を眺めて、その後はこの街で一番人気なロシアン・ビールパブで夕食となります。
ロシア旅行記(2020)

ファベルジェ博物館には、ロシア帝国の至宝が展示されている

2020年3月中旬に訪れたロシア。サンクトペテルブルクの街中にあるファベルジェ工房などが作った精巧な細工品の数々が展示されているファベルジェ博物館は、非常に見所のある場所なので是非とも訪れてください!
ロシア旅行記(2020)

ファベルジェ工房作「インペリアル・イースターエッグ」の至宝の数々

2020年3月中旬に訪れたロシア。サンクトペテルブルクの街中にあるファベルジェ博物館で、ロシア皇帝が造らせたロシアの至宝とも言える「インペリアル・イースターエッグ」を次々と拝見していきます!
ロシア旅行記(2020)

ロシア皇帝が母親への贈り物として造らせた豪華絢爛イースターエッグ

2020年3月中旬に訪れたロシア。サンクトペテルブルクの街中にあるファベルジェ博物館で、ロシア皇帝達が母親や奥さんにプレゼントする為に宝石商の金細工師だったファベルジェに造らせたイースターエッグなどを眺める!
ロシア旅行記(2020)

贅沢を極めたエカテリーナ宮殿見学後に、「わさびウォッカ」を味わう

2020年3月中旬に訪れたロシア。サンクトペテルブルクのエカテリーナ宮殿の見学も今回がラスト。最後にじっくりと宮殿の外観などを眺めた後は近くのレストランに立ち寄り、わさび入りのウォッカとビールを味わうのであった!
ロシア旅行記(2020)

エカテリーナ宮殿の「アレクサンドル1世の客間」「緑の食堂」も見学

2020年3月中旬に訪れたロシア。サンクトペテルブルクのエカテリーナ宮殿の見学がまだまだ続きます。「アレクサンドル1世の客間」や「緑の食堂」などもこれから見ていきます!
ロシア旅行記(2020)

エカテリーナ宮殿内でも最も豪華な部屋「琥珀の間」を独り占め!

2020年3月中旬に訪れたロシア。サンクトペテルブルクのエカテリーナ宮殿の見学は続きます。この宮殿内で一番豪華で目玉な、2003年に修復工事が完了して解放された「琥珀の間」を見学します!
ロシア旅行記(2020)

エカテリーナ宮殿で「アラベスクの間」や「騎士の食堂の間」を見学

2020年3月中旬に訪れたロシア。サンクトペテルブルクの街でエカテリーナ宮殿の見学を続けていきます。「アラベスクの間」や「騎士の食堂の間」や「白の主食堂」などを見学します!
ロシア旅行記(2020)

エカテリーナ宮殿でガラガラに空いている時に訪問し大広間を独占見学

2020年3月中旬に訪れたロシア。サンクトペテルブルクの街でも人気のエカテリーナ宮殿を訪れますが、一番乗りで訪れたからか、全然宮殿内に人が居なくてガラガラ状態で見学を満喫!
ロシア旅行記(2020)

雪が薄っすら積もったサンクトペテルブルクでエカテリーナ宮殿を訪問

2020年3月中旬に訪れたロシア。5日目の朝は薄っすらと雪が積もっていたサンクトペテルブルク。まずは戦勝記念碑をバスから眺めながら、豪華な内装のエカテリーナ宮殿を訪れます。
タイトルとURLをコピーしました