国内旅行

備中松山城時代の城下町を抜けて、山城への登山道へ向かう【尾道&岡山旅行記㊺】

2021年3月に訪れた尾道(広島)&岡山の旅行記。岡山県の高梁市はかつて備中松山藩が治めていた場所で、その城下町を散策してから備中松山城の登山道へと向かいます。
国内旅行

尾道を後にし、駅前にスタバ&蔦屋とコラボしたお洒落な図書館のある備中高梁へ【尾道&岡山旅行記㊹】

2021年3月に訪れた尾道(広島)&岡山の旅行記。尾道の街を後にして、一路岡山県の高梁市を目指します。そして「備中高梁駅」に到着すると、このような地方の小さな駅前にお洒落な図書館を発見します!
国内旅行

尾道の石畳で広島風お好み焼きを食べ、造船ドックが織りなすライトアップを見物【尾道&岡山旅行記㊸】

2021年3月に訪れた尾道(広島)&岡山の旅行記。しまなみ海道サイクリングを終えて戻ってきた尾道市街地で、個性的な大将の造るお好み焼きを食べてから、造船ドックのライトアップを眺めます!
国内旅行

しまなみ海道サイクリング旅のシメは、フェリーで夕陽を眺めながら飲む日本酒【尾道&岡山旅行記㊷】

2021年3月に訪れた尾道(広島)&岡山の旅行記。しまなみ海道サイクリングで目的地に辿り着いた後は、ひたすら瀬戸田港に向かってフェリーの最終便に待ち合わせるように必死でペダルを漕いでいきます!
国内旅行

出川ちゃんや反町隆史も食べて喜んだ、伯方島の塩アイスを味わう【尾道&岡山旅行記㊶】

2021年3月に訪れた尾道(広島)&岡山の旅行記。しまなみ海道サイクリングで、目的地の伯方島に到着。道の駅で楽しみにしていた「塩アイス」を食べて満足した後は、来た道を引き返していきます!
国内旅行

大三島でサイクリストの聖地と甘崎城跡を訪れて、伯方島へ向かう【尾道&岡山旅行記㊵】

2021年3月に訪れた尾道(広島)&岡山の旅行記。しまなみ海道サイクリングで大三島の「サイクリストの聖地」と「甘崎城跡」を見学してから、目的地の伯方島に向かいます!
国内旅行

総工費約1400億円の多々羅大橋を渡って、大三島側の展望台から橋を眺める【尾道&岡山旅行記㊴】

2021年3月に訪れた尾道(広島)&岡山の旅行記。しまなみ海道サイクリングで生口島から大三島に架かる「多々羅大橋」を渡ります。そして対岸の高台に造られている展望台を訪れた、多々羅大橋を再び眺めます!
国内旅行

瀬戸田レモンの産地としても有名な生口島を駆け抜け、多々羅大橋に向かう【尾道&岡山旅行記㊳】

2021年3月に訪れた尾道(広島)&岡山の旅行記。「瀬戸田レモン」の日本イチの産地でもある生口島に上陸し、足早に駆け抜けて次の大三島との間に架かる多々羅大橋に向かいます!
国内旅行

因島で美味しい魚の刺身を食べて、生口橋を渡って隣の生口島に向かう【尾道&岡山旅行記㊲】

2021年3月に訪れた尾道(広島)&岡山の旅行記。因島にある「因島水軍城」を見学した後に、近くのお店で刺身定食を頂きます。その味に感動しながら、次の目的地である隣の生口島に向かいます。
国内旅行

日本遺産になった村上海賊の資料館「因島水軍城」で、因島の景色を眺める【尾道&岡山旅行記㊱】

2021年3月に訪れた尾道(広島)&岡山の旅行記。因島にある「因島水軍城」という因島村上氏の資料館を訪れ、観光名所として造られた施設を満喫します!
国内旅行

蟹や珊瑚礁などを模った兜の前立てが見られる、因島水軍城の資料館【尾道&岡山旅行記㉟】

2021年3月に訪れた尾道(広島)&岡山の旅行記。因島にある「因島水軍城」という因島村上氏の資料館を訪れ、水軍城だっただけに海の生き物に由来した兜の前立てが見られます!
国内旅行

瀬戸内海を支配していた村上海賊の本拠地を想像させる「因島水軍城」【尾道&岡山旅行記㉞】

2021年3月に訪れた尾道(広島)&岡山の旅行記。因島にある「因島水軍城」という瀬戸内海を支配していた村上海賊とも呼ばれた因島村上氏の拠点を想像させる場所を訪れます
国内旅行

因島で古い灯台施設を見学して、村上海賊の居城だった因島水軍城へ向かう【尾道&岡山旅行記㉝】

2021年3月に訪れた尾道(広島)&岡山の旅行記。「しまなみ海道サイクリング」で因島にある大浜埼燈台を見学してから、島中央付近にある「因島水軍城」へ向かいます!
国内旅行

因島で必ず立ち寄りたい、美味しいはっさく大福が食べれる「はっさく屋」【尾道&岡山旅行記㉜】

2021年3月に訪れた尾道(広島)&岡山の旅行記。「しまなみ海道サイクリング」を行い、因島に辿り着いて真っ先に訪れたのがはっさく大福の名店としても有名な「はっさく屋」です!
国内旅行

向島側から、因島との間に架かる因島大橋を自転車で走り抜ける【尾道&岡山旅行記㉛】

2021年3月に訪れた尾道(広島)&岡山の旅行記。「しまなみ海道サイクリング」を行い、まずは向島と因島を結ぶ「因島大橋」を通過して行きます。
タイトルとURLをコピーしました