国内

沖縄きっての怪しい場所に思える名前が付けられている漫湖を訪れる【沖縄旅行記㉛】

沖縄旅3日目は那覇市と豊見城市の境に跨る「漫湖」という、怪しい名前が付けられた場所を訪れます。その名前から下ネタに用いられる機会が多い漫湖だが、実は自然溢れる場所となっていた。
国内

国際通り脇で下ネタな土産を購入し、ゴーヤチャンプルの美味しい「あかさたな」で晩飯【沖縄旅行記㉚】

「旧海軍司令部壕跡」の見学を終えた後は那覇市内に戻り、国際通り脇にある下町感を残す市場通りを散策し、下ネタ的なお土産を購入。そして公設市場近くにあった「あかさたな」という料理屋で晩飯にします。
国内

敗北した日本軍の哀れさを感じる「旧海軍司令部壕跡」を更に進む【沖縄旅行記㉙】

1944年の沖縄戦争時に日本軍の塹壕が掘られていた「旧海軍司令部壕」。今では一般に公開されている地下通路の中を進んで行き、当時の日本軍の様子を見学します。
国内

旧海軍司令部壕跡でアリの巣のように張り巡らされた通路を進む【沖縄旅行記㉘】

沖縄旅で沖縄戦争時に司令部の塹壕が掘られていた「旧海軍司令部壕」を見学します。高台に造られていた塹壕に降りてみると、迷路のような通路が造られており、そんな通路を進んで行きます。
国内

沖縄戦争時に海軍司令部の塹壕が掘られた「旧海軍司令部壕」を見学【沖縄旅行記㉗】

沖縄旅2日目は斎場御嶽から中城城跡を巡った後に、那覇に戻って沖縄戦争時に司令部の塹壕が掘られていた「旧海軍司令部壕」を見学する事に。
国内

中城城の本丸だった一ノ郭で、ペリー提督も出入りした正門をくぐる【沖縄旅行記㉖】

沖縄の世界遺産『琉球王国のグスク及び関連遺産群』である「中城城跡」で、本丸である一ノ郭に通じる正門を眺めます!
国内

中世の琉球王国時代に建造された中城城から、芸術的な城郭と太平洋を眺める【沖縄旅行記㉕】

沖縄の世界遺産に含まれている「中城城跡」は、中世の琉球王国時代に建造された芸術的な城郭が綺麗な状態で残されています。そんな城郭から近くの海を眺めて、琉球時代に想いを馳せます!
国内

琉球王国:第一尚氏時代の居城とされていた、世界遺産の中城城跡【沖縄旅行記㉔】

沖縄旅は世界遺産繋がりで聖地の斎場御嶽を見学した後に、第一尚氏時代の14世紀頃に築城されたという「中城城跡」を訪れます。
国内

斎場御嶽で二等辺三角形の神々しいパワースポット「三庫理」【沖縄旅行記㉓】

沖縄県南城市の東側にある世界遺産に認定されている「斎場御嶽」で、その聖地オブ聖地とされている「三庫理」という自然の岩が二等辺三角形に寄りかかっている神秘的な場所を見学します!
国内

琉球王国最大の聖地であった「斎場御嶽」で、数々の神域を見学【沖縄旅行記㉒】

沖縄旅2日目は南城市にある、世界遺産に認定されている「斎場御嶽」という沖縄の聖地の中でも最高峰とされている場所の見学をしていきます。
国内

知念岬から沖縄県民の聖地でもある世界遺産の「斎場御嶽」へ向かう【沖縄旅行記㉑】

沖縄旅2日目は南城市の「ガンガラーの谷」を後にして、次の目的地である世界遺産にもなっている「斎場御嶽」へと向かいます。まずは知念岬の駐車場に車を停めて、その岬からの景色を楽しみます。
国内

沖縄で約2万年前に暮らしていた古代人:港川人に想いを馳せる「ガンガラーの谷」【沖縄旅行記⑳】

沖縄旅2日目は南城市にある「ガンガラーの谷」をまず見学していきます。メインの大きなガジュマルの木を見た後は、約2万年前にこの地に暮らしていたとされる「港川人」についてお勉強します。
国内

「ガンガラーの谷」のシンボル的存在の、大きなガジュマルを眺める!【沖縄旅行記⑲】

沖縄旅2日目は南城市にある「ガンガラーの谷」で、有料ガイドツアーに参加して進んで行くと、ホームページにも載っている大きなシンボル的なガジュマルの木が見えてきます!
国内

「ガンガラーの谷」でランタンの灯りを照らしながら洞窟内を散策!【沖縄旅行記⑱】

沖縄旅2日目は南城市にある「ガンガラーの谷」で、有料ガイドツアーでの見学が続きます。進んで行くと大きな鍾乳洞の洞窟があり、ここでランタンを借りて洞窟内へと進んで行きます。
国内

沖縄の昔の姿が残る「ガンガラーの谷」で参加したガイドツアーの巻【沖縄旅行記⑰】

沖縄旅2日目は南城市にある「ガンガラーの谷」で、有料ガイドツアーでしか見学できない沖縄らしい自然が残る場所を散策していきます!
タイトルとURLをコピーしました