国内

「ハクソーリッジ(前田高地)」という、沖縄戦で激戦地となった浦添城跡を訪れる【沖縄旅行記㊺】

沖縄県の中部にある浦添市で、かつて琉球王国時代に城が築かれていて高地が、沖縄戦時に激戦となった「ハクソーリッジ(前田高地)」と呼ばれる場所で、その跡地を訪れました。
国内

何も無い新駅「てだこ浦西駅」から、激戦地跡のニードルロックへ向かう【沖縄旅行記㊹】

沖縄旅4日目はゆいレールに乗って、最も先端の新駅である「てだこ浦西駅」に向かいます。しかし、新駅にも関わらずその周辺には店が1軒もなく、そこから激戦地跡の前田高地にあるニードルロックを目指します!
国内

沖縄県立博物館の特別展『岩石』で、沖縄で生み出された石の芸術品を鑑賞【沖縄旅行記㊸】

那覇市にある沖縄県立博物館で2020年後半に開催されていた特別展『岩石』で、沖縄で生み出された石を加工した芸術品を鑑賞していきます。
国内

沖縄県立博物館での特別展『岩石』で、喋る岩が印象的だった理由【沖縄旅行記㊷】

那覇市にある沖縄県立博物館で2020年後半に開催されていた、特別展『岩石』を見学しました。なお、現在は終了していますのであしからず。。
国内

琉球王国の歴史的なお宝を見ながら、勉強できる沖縄県立博物館は続く!【沖縄旅行記㊶】

沖縄県那覇市のおもろまちに造られている沖縄県立博物館で、琉球王国時代に作られた歴史的な品々や、沖縄の財産でもある動植物の展示などを見て、勉強していきます。
国内

沖縄県立博物館で綺麗な状態の骨で発掘された古代人「港川人」を学ぶ【沖縄旅行記㊵】

那覇市のおもろまちに造られている沖縄県立博物館を訪問し、沖縄で発掘された古代人である「港川人」などを勉強していきます。
国内

那覇市の沖縄県立博物館で、琉球時代から独自の文化を築いた歴史を勉強【沖縄旅行記㊴】

那覇市のおもろまちに造られている沖縄県立博物館を訪問し、琉球王国時代から独自の文化を築いてきた沖縄の歴史をまだまだ勉強していきます!
国内

かつての米軍住宅街が再開発された那覇新都心にある、沖縄県立博物館を見学【沖縄旅行記㊳】

沖縄旅でかつて米軍に占領されている時代に米軍住宅街だった場所が、今では再開発されて那覇新都心になっている。その再開発エリアにある「沖縄県立博物館・美術館」を訪れます。
国内

那覇市内の散策途中に、琉球八社「識名宮」や沖縄の墓地に迷い込む・・【沖縄旅行記㊲】

那覇市内にある世界遺産の識名園を見学した後は近くを徒歩で進んでいると、琉球八社「識名宮」や墓地に迷い込んだり、そばとんかつ定食に出会ったりと・・・
国内

緑溢れる落ち着いた識名園の見学よりも、外に居た猫ちゃんに夢中?【沖縄旅行記㊱】

那覇市内にある、世界遺産の1つでもある「識名園」内の見学はまだまだ続きます。中庭にある心字池周辺を散策したり、勧耕台という展望台があったりだけど、それより外にいた猫ちゃんが一番記憶に残った?!
国内

識名園内の庭園で、琉球石灰岩で造られた中国風石橋を眺める【沖縄旅行記㉟】

那覇市内にある、世界遺産の1つでもある「識名園」内の見学は続きます。中庭に造られている池に架けられている2つの琉球石灰岩で造られた石橋を渡ります。
国内

琉球王国の迎賓館的庭園だった世界遺産「識名園」に足を踏み入れる【沖縄旅行記㉞】

沖縄旅3日目は世界遺産の1つでもある「識名園」を訪れます。そこには琉球王国時代に中国からの使者を出迎える、迎賓館のような琉球庭園の跡地となっています。
国内

漫湖から識名園まで歩く途中に見えた、沖縄っぽさのある景色【沖縄旅行記㉝】

沖縄旅3日目は漫湖で干潟に生きる生物などを眺めた後に、世界遺産でもある「識名園」まで歩いて向かいます。歩きで移動すると、普段見れないものなどが見られるので楽しいですよ!
国内

漫湖水鳥・湿地センターのマングローブ林干潟地で生きる生物を眺める【沖縄旅行記㉜】

沖縄県那覇市と豊見城市の境にある「漫湖」のマングローブ林で、その泥地に生きるハゼや蟹などの生物を眺めながら、沖縄の大地を見学します!
国内

沖縄きっての怪しい場所に思える名前が付けられている漫湖を訪れる【沖縄旅行記㉛】

沖縄旅3日目は那覇市と豊見城市の境に跨る「漫湖」という、怪しい名前が付けられた場所を訪れます。その名前から下ネタに用いられる機会が多い漫湖だが、実は自然溢れる場所となっていた。
タイトルとURLをコピーしました