愛媛旅行記(2020)

国内

松山の旅もみかんお土産を買って、飛行機が飛び立つ時間に【愛媛旅行記53:完結】

2020年9月に訪れた愛媛県松山市3泊4日の旅行記も、これにてやっと終了。最後は恒例の空港内を散策して、展望台から景色を満喫した後はみかん関連のお土産を購入します!
国内

猫の足跡がついたお皿を使っていた、 湯築城を支配していた河野家【愛媛旅行記52】

愛媛県松山市の道後公園内には、戦国時代まであったという湯築城跡が残されています。そこには博物館が設置されていて、猫の足跡が残っているお皿なども見る事が出来ます!
国内

道後温泉近くにある河野家が支配していた湯築城跡の景色【愛媛旅行記51】

愛媛県旅で石手寺見学後に正岡子規記念館と道後公園にある湯築城跡を見学して、そこから眺める松山市内の景色を眺める!
国内

石手寺で仏陀の勉強をしてから食べる焼き餅の美味しさ!【愛媛旅行記㊿】

愛媛県松山市内にある「四国霊場第51番札所:石手寺」。その文化財などの建物がある敷地内には、海外で見かける仏陀のストーリーが描かれた石碑が沢山置かれています。そして帰り際に買った焼き餅の誘惑にも勝てません・・・
国内

石手寺の奥深くにある奥の院と宝物殿【愛媛旅行記㊾】

松山市内で道後温泉の近くにある「四国霊場第51番札所:石手寺」。敷地内にある洞窟を進んでいくと、出口になって道があります。その先に行くと「奥の院」があり、色んな仏教に関連する置物が置かれています。
国内

石手寺はヒンヤリとした抜け穴の洞窟探索も楽しめる寺【愛媛旅行記㊽】

松山市内で道後温泉の近くにある「四国霊場第51番札所:石手寺」では、国宝の仁王門を抜けて境内に進んで行くと、秘密の抜け穴ともなっている洞窟があります!
国内

道後温泉近くにある、松山で歴史ある石手寺へ向かう【愛媛旅行記㊼】

愛媛県旅4日目の最終は、まず荷物を預けてから道後温泉街から歩いても行ける石手寺へと向かいます!
国内

宇和島風鯛めしに出てきた、高級養殖魚の鯛一郎クン【愛媛旅行記㊻】

3日目の夜は松山市内に戻ってきて、晩飯を食べるお店を探します。そして辿り着いた「宇和島風鯛めし」が食べれるお店を選び、時価の天然鯛ではなくて、松山が誇る天然魚”鯛一郎クン”を味わいます!
国内

夕暮れの五色浜にいたのは五色姫ではなく、五色猫?!【愛媛旅行記㊺】

愛媛県でも南西の海沿いに伊予市の五色浜を訪れます。その五色浜という名前の由来になった”五色姫伝説”を聞き、そんな姫を探しますが旅人に寄って来るのは野良猫ちゃんばかり・・・
国内

郡中港駅から、海が広がるレインボーな五色浜を目指す【愛媛旅行記㊹】

愛媛県松山市内を散策してから夕陽を眺めに、松山市の南西にある郡中港駅を訪れ、夏は海水浴客で賑わう「五色浜を」を目指します!
国内

子規堂がある正宗寺に飾られていた、千代の富士の優勝額【愛媛旅行記㊸】

愛媛県松山市駅の近くにある正宗寺という寺の敷地内に造られている「子規堂」。そこで正岡子規に関連する資料などを見学していると、正岡子規には関係ないと思われる千代の富士の優勝額が飾られているのが見えたのであった。
国内

正宗寺子規堂を見学して、正岡子規についてお勉強タイム【愛媛旅行記㊷】

愛媛県松山市駅の近くにある正宗寺という寺の敷地内に造られている、正岡子規についての資料が展示されている「子規堂」を訪問し、正岡子規についての少しお勉強をします!
国内

三津で見つけた「ポンジュース発祥の地」の標柱と公園【愛媛旅行記㊶】

愛媛県松山市三津で彷徨って見つけた「ポンジュース発祥の地」の標柱と公園。ただオレンジ色のポンジュースのイメージからとはかけ離れた、思ったよりも地味な場所でしたが・・・
国内

三津浜焼きの名店「みよし」はカウンター席で楽しむべし!【愛媛旅行記㊵】

愛媛県松山市三津で有名な”三津浜焼き”のお店を探して辿り着いたのは、名店「みよし」だった。カウンター席に座って目の前で三津浜焼きが作られる様子を堪能して、アツアツのうどん入りお好み焼きを味わうのであった。
国内

三津の渡し船に乗って三津浜焼きの名店を探す【愛媛旅行記㊴】

愛媛県松山市で港山城跡を見学した後は、近くに乗り場のあった「三津の渡し船」に乗り込んで対岸へと渡ります。そして三津浜といえばソウルフードとして有名な”三津浜焼き”なので、名店を探して散策します!
タイトルとURLをコピーしました