【スリランカ旅行記⑰】スリランカで満月の日は神聖な日で、ビールは飲めない

スリランカ旅行記:3日目
クラブツーリズムツアー「お1人様参加限定:スリランカ6日間」-2020年2月6~11日

輝く仏陀像

ダンブッラ寺院の見学を終えて、坂を降りて行きます

スリランカ旅3日目はこの短い旅程の中でもハイライトである「シギリヤロック」を見学した後は、近くにあるダンブッラの石窟寺院の見学も終了し、そろそろ昼食タイムとなってきたようです。

 

ダンブッラにて

ダンブッラ寺院の見学を終えて、坂を降りて行く途中に居たお猿さん

この下に降りる階段の手すりにも野生のお猿さんが座っていて、自由に動き回っている姿が見えます。

 

自由なお猿さん達 動画

ダンブッラ石窟寺院で、壁の手すりを歩くお猿さんを追いかけてみたら・・?!

 

ダンブッラ寺院の見学を終えて、坂を降りて行く途中にあるお土産屋さん

最初に石窟寺院へと登ってきた道とは違い、こちらの道は広いので周辺にはお土産屋さんがズラリと並んでいます。

 

ダンブッラ寺院の見学を終えて、坂を降りて行く途中にあるお土産屋さん-2

こちらでは先程のシギリヤロックのお土産屋ゾーンでも見れた、黒い植毛したウーペの紙にプリントされた絵が売っています。

 

ダンブッラ寺院の見学を終えて、坂を降りて行く途中にあるお土産屋さん-3

これが結構金や銀色などの光輝く色で装飾されていたので思わず欲しくなったけど、こういうのは写真に撮るだけで我慢である。。

 

ダンブッラ寺院の見学を終えて、坂を降りて行く途中にあるお土産屋さんなど

ここを見学していると暑いので、こういったフルーツ・ジュースが地元民と見られる人達にも大人気だった。ここでアルコールを売っていたら欲しくなるけど、残念ながらアルコール類は置いていない。

 

階段途中でジュース屋さん 動画

ダンブッラ石窟寺院から降りて行く途中には、その観光客を待ち受けたジュース屋さんなどが待ち構えている!

 

ダンブッラ寺院の見学を終えて、坂を降りて行く途中に見えてきた黄金の仏像

こちらの階段を降りて行くと、目の前に大きく光り輝く大仏さんの像が見えてきた。さっきの石窟寺院内の涅槃像はあまり金色には輝いていなかったけど、こちらの仏像は凄く発色のいい黄金色のようだ。

 

ダンブッラ寺院の見学を終えて、坂を降りて行く途中の道

この辺りは参拝用の花まで売っています。スリランカの仏教徒は参拝する時に、花を添えている姿をよく見かけた。

 

ダンブッラ寺院の見学を終えて、坂を降りて行く途中に見えてきた黄金の仏像の横

さっきの大仏像を横から見てみる。近くで見てみると、それなりに大きな仏像のようだ。

タイで見たワットポー並みの大きさに見える!

 

 

黄金仏像の博物館

ダンブッラ寺院の見学を終えて、坂を降りて行く途中に見えてきた黄金の仏像-2

正面に回ってみると、先程の大仏さんの顔が見える。何気に険しい顔をしているようにも見えるが。。

ブッダ君
ブッダ君

ちょっと難しい問題を考えておった時の表情じゃ!

 

ダンブッラ寺院の見学を終えて、坂を降りて行く途中に見えてきた黄金の仏像がある建物

こちらの何とも派手で威厳があまり感じられない建物は、仏教博物館だそうだ。「GOLDEN TEMPLE」と看板があるので、こちらからやって来る観光客は間違えてこれが世界遺産の「ダンブッラ黄金寺院」と思ってしまうかもしれない。。

 

ダンブッラ寺院の見学を終えて、坂を降りて行く途中に見えてきた黄金の仏像がある建物-2

ちょっと仏教という神秘的なイメージから外れた、中国的なテーマパークのような感じにも見える。

 

ダンブッラ寺院近くにある、黄金に輝く仏陀の像

ただこちらの大仏像は金箔を貼っているので、とても発色が良かった。この仏像に金箔を貼るのは仏陀が黄金色のオーラを出していたとされているので、それに近づける意味で金箔を貼っているようだ。

 

ダンブッラ寺院の見学を終えて、坂を降りて行く途中に見えてきた黄金の仏像がある建物をバックに記念撮影

こちらの仏像の手は「説法印」「転法輪印」と言われる仕草で、主に弟子たちに向かって説法をしている時の仕草だという。つまり悟りを開いた後の仏陀を表していて、それを真似たポーズをする、”ある意味”悟りを開いた男?!

ブッダ君
ブッダ君

実は何となくやっていたポーズを、弟子達が勝手にそのように解釈したんじゃ!

 

黄金の仏像を眺める 動画
ダンブッラ石窟寺院の下にある黄金の大仏を眺める!

 

ダンブッラ寺院の見学を終えて、坂を降りて行く途中に見えてきた黄金の仏像がある建物をバックに記念撮影-3

個人的にはこの大きな仏像を金箔で金キラ金にするよりかは、先程見た石窟寺院で一番新しく出来て、人気のない第五洞窟内にある涅槃像を金ぴかにした方がいいのではと思うけども・・・。

 

ダンブッラ寺院の見学を終えて、下にあった黄金の仏塔

こちらでは仏塔までも黄金色。

贅沢に使える資金が、ここにはあるのだろう・・・

 

ダンブッラ寺院の見学を終えて、下にあった黄金の仏塔付近にあるゴミ箱

その手前には4色に分けられた分別用のゴミ箱が設置されている。

ブッダ君
ブッダ君

21世紀は特に地球環境に配慮した生活様式が求められているので、分別に協力するんじゃ!

 

ダンブッラ寺院の見学を終えて、下にあった黄金の仏塔-2

このような仏塔には基本的に仏舎利などが入れられる。仏陀が亡くなった後に火葬で焼かれて、その後に起こるであろう骨の奪い合いを避ける為に8分割して、地元の部族に分けられたそうだ。そして仏教でも一番の熱心だった古代インドのマウリヤ朝アショーカ王が、その遺骨を全て掘り起こして仏舎利を集めたという。

ブッダ君
ブッダ君

ワシの骨を拝んでも何にもご利益などないんじゃ!そんな暇があれば、自分の内面と向き合う方がよっぽど有意義な時間の使い方じゃ!

 

ダンブッラ寺院の見学を終えて、下にあった寺院

そしてスリランカで一番大事にされている仏舎利は、今はキャンディに保管されている”仏陀の左の犬歯”である。スリランカでは代々王朝が所有する物として考えられてきた為に、この仏歯は権力の象徴でもあった。その為にスリランカでも一番有名なペラヘラ祭では、この仏歯を祀る祭となっていて、実際に選び抜かれたスリランカ象がこの仏歯を担いで行進するそうだ。

 

ダンブッラ寺院の見学を終えて、下にあった寺院広場にある仏旗

ただこの仏歯である犬歯を実際に見たイギリス人学者は「これは人間の歯じゃなく、獣の歯だよ!」と言ったとか。昔は科学技術が無かったけど、今の時代だったらその歯が実際の人間の物かなんてすぐに判明する時代である。もしこの仏歯も本当に人間の物かを調べようとしたら直ぐに分かるようだけど、絶対に仏教徒は調べさせないだろうな。何せ今まで信じてきたものが、もしかしたら単なる獣の歯かもしれないという事実が出たら、目も当てれないだろうから。。

 

ダンブッラ寺院の見学を終えて、下にあった寺院広場にあるゴミ箱

スリランカでは民族紛争にまで発展したシンハラ人とタミル人の衝突。それぞれの言語であるシンハラ語とタミル語も日本人から見たら、同じような物にしか見えないけどね・・・。

 

ダンブッラ寺院の見学を終えて、下にあった寺院広場にある出口の看板

さて駐車場に向かいます。何とも中途半端に置かれた、出口を示す看板。。

 

ダンブッラ寺院の見学を終えて、下にあった寺院広場にある出口の看板付近に寝っ転がるワンちゃん達

スリランカのワンちゃん達は、ヨーロッパと違って見た目がちょっとキレイではない。それと暑いからか、日中はこのように地面に転がって体力温存しているようだ。

 

ダンブッラ寺院の見学を終えて、バスに乗り込み移動

という事でバスに乗り込み、既に12時を過ぎていたのでこれから昼食のレストランに向かいます。

 

 

満月の日の昼食タイムにて

ダンブッラ寺院の見学を終えて、近くのレストランに到着

そしてバスに乗って10分程で辿り着いたのが、こちらのホテル内にあるレストラン会場。

 

 

ダンブッラ寺院の見学を終えて、近くのレストランの入口

スリランカでの旅行中は殆どが、このようなホテル内にあるレストラン会場ばかりで食事をした。これがパックツアーで訪れるには、一番無難な選択なんだろう。一番旅行後のアンケートで厳しいのが食事の評価だという。特に日本人は日本食が一番美味しいという考えを持っているので、余計にアンケートの食事欄は厳しくなるという。でもわざわざ海外にまで行って外国の料理を食べても、評価基準が日本の舌というのもどうかとは思うけど・・。

 

ダンブッラ寺院の見学を終えて、近くのレストランの食事会場

ただスリランカ人の食べるカレーは基本辛いらしいので、個人的にはこのような観光客向けに味を調整してくれているレストランの方が有難いのであるが。。

 

ダンブッラ寺院の見学を終えて、近くのレストランの食事会場にあったカレーゾーン

さてそろそろ見慣れてきた、スリランカのカレーゾーン。用意されていたお皿は温かかったので、意外と親切なレストランでした。

 

ダンブッラ寺院の見学を終えて、近くのレストランの食事会場にあったカレー

カレーと共にスリランカ人の主食でもある米。日本人として最初にカレーを食べたとされる山川健次郎は、実際にはルーを避けて米だけ食べたという。

 

ちなみに日本人として初めてカレーを見たとされる遣欧使節団の三宅秀は、手掴みでカレーを食べるインド人を見て「手づかみで食す。至って汚き物なり」と記したとされる。

 

ダンブッラ寺院の見学を終えて、近くのレストランの食事会場にあったカレー-2

やっぱり幕末の人達からしてもカレーを手掴みで食べるというのは、汚く見えたようだ。だけどその食べ方が彼らの文化なので、スリランカでも一般家庭に行くと手掴みでカレーを食べるそうだ。そして途中でボールに入ったお水が出てくるけど、それは飲み水ではなくて、手を洗う為の水だそうだ。

 

ダンブッラ寺院の見学を終えて、近くのレストランの食事会場にあったカレー-2-2

そしてこちらの現地民たちの食べ方としては、基本食事中に飲み物は一緒に飲まないという。だから食べ終わった後に一気に水などの入ったコップをガバガバガバ・・・と飲み干すんだそうだ。

なので綺麗な女性の食事風景は、あまり見ない方がいいんだとか・・・

 

ダンブッラ寺院の見学を終えて、近くのレストランの食事会場にあったカレー-3

個人的にはこのようなブッフェスタイルは、自分の好き嫌いが思いっ切り出てしまうのであまり好きではない。ただ今回の旅行は全部がブッフェスタイルだったのだが。。

 

ダンブッラ寺院の見学を終えて、近くのレストランの食事会場

こうやって料理を取ろうとする人達の姿を見ると「そんなに焦ってまで料理を取ろうとしなくてもいいのに・・・」と毎回思ってしまう。でも目の前に料理があれば、自然とそう動いてしまうのだろうけども。

 

ダンブッラ寺院近くのレストランでの食事

さて今日の昼食もスリランカで食事をしているようには、全然見えないものとなってしまいました・・・。

 

ダンブッラ寺院近くのレストランでの食事と共にパイナップルジュースを飲む

そして今日は何と”満月の日(ポヤデー)”の為に、レストランなどではアルコールの提供が禁止・・・。一応ダメもとで現地ガイドさんに「ビールが出せないか?」と聞いてもらいましたが、残念ながらダメとの事。という事で代わりにパイナップル・ジュース(350ルピー:約200円)を仕方なく注文。

 

ダンブッラ寺院近くのレストランでの食事で、パリパリの生地を食べる

こちらのパリっとしたのが、昔よく食べたお菓子「おっとっと」に似て美味しかったので、これだけ追加でバリバリと食べてしまった・・・。これだけ単独で食べたけど、これにカレーを載せて食べても美味しかっただろうな。

 

 

ダンブッラ寺院近くのレストランで一番人気のアイスクリーム

そしてこのレストランでの一番人気が、こちらのアイスクリーム。暑い国なので食べ放題のアイスクリームは奥様方に大人気でした。

 

ダンブッラ寺院近くのレストランで一番人気のアイスクリーム-2

普段は旅行中にはアイスクリームを食べないのですが、みんなが「美味しい、美味しい!」と言っていたので味見をしてみる事に。

スリランカでも至って普通の、バニラ味のアイスクリームでした!

 

ダンブッラ寺院近くのレストランにあった像

シギリヤロックにあった壁画シギリヤレディーのような体型をしている女性像。このような体型は古代インドの流れを汲んだものだそうだ。

 

ダンブッラ寺院近くのレストランにあった黄金のゾウの像

レストランのカウンターには黄金の象が置かれているが、さすがに純金では無さそうだ。それとここでビールが飲めないという事は、晩飯もビール抜きという事・・・。ただ「もしかしたらホテルには、ビールが置いてあるかもしれないよ!」という事で、一部の望みを持って向かう事とする。

 

ダンブッラ寺院近くからキャンディへと移動するバス

そして昼食を食べて、満足した一行を載せたバスはこれから今晩宿泊するキャンディの街へと向かいます。

 

キャンディへと移動するバス車内で配られる、シギリヤロック登頂証明書

その移動途中に朝イチに登頂したシギリヤロックの訪問証明書が、全員分配られるとの事。しかも名前部分にはそれぞれにシンハラ語で記入してくれているそうだ。

 

キャンディへと移動するバス車内で配られる、シギリヤロック登頂証明書-2

こちらがボクの名前が書かれた証明書。

ただスーツケースに入れて帰ったら、ヨレヨレになって破れていたので捨ててしまった・・・

 

 

スパイスのお土産屋さん訪問

キャンディへと移動する途中に立ち寄ったスパイス屋さん

そしてキャンディに向かう前にパックツアーでは恒例の、日程に組み込まれているお土産屋さんを訪問します。

 

キャンディへと移動する途中に立ち寄ったスパイス屋さんの入口

そしてバスが停まったのはこちらのジャングルの入口にも見える場所。「本当にこんな所にお土産屋さんがあるの??」と思ってしまう位の場所である。。

 

キャンディへと移動する途中に立ち寄ったスパイス屋さんの看板

一応このような看板も出ているので、このジャングルの奥にお店があるようだ。パックツアーが嫌いな人に多いのが、このようなお土産屋さんに寄る事である。ただ行くツアーによっては全然このようなお土産屋さんを周らないコースがあったりするし、個人的には日本語を話せる店員さんがいる店では遊べる事が多いので好きではある。

 

キャンディへと移動する途中に立ち寄ったスパイス屋さんの入口から入る

店の前に立っているとジャングルの奥から「ドウゾ、皆さま。奥へ入って来てクダサイ!」という日本語が聞こえたので、その声の主に向かって進んでいくツアー参加者さん達であった。。

 

こんな旅はまた次回に続きます!

よければ下記ブログ村のボタンをポチッとお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

↓↓↓↓スリランカ旅行記:初回↓↓

【スリランカ旅行記①】2020年に”光り輝く島”スリランカのコロンボへ
クラブツーリズムの1人参加限定ツアーで訪れた2月のスリランカ。まずは関西国際空港からシンガポール航空経由でチャンギ空港乗継し、スリランカのコロンボ空港を目指す!
タイトルとURLをコピーしました