40年間の時を経て、すっかり様変わりしてしまったMy生誕地:南阿佐ヶ谷【東京旅㉗】

東京旅(2022年11月)-27

訪問:2022年11月中旬

なんとなく・・

東京都大井町 アワーズイン阪急ホテル

さて東京旅2日目の朝、”朝食付きプラン”で宿泊した「アワーズイン阪急ホテル」だったので、まずはその朝食会場へ向かう事にします。

 

 

「アワーズイン阪急ホテル」での朝食!

東京都大井町 アワーズイン阪急ホテル 朝食会場

「アワーズイン阪急ホテル」は大きな複合施設となっているので、ホテル側の朝食会場以外にも、スターバックスやモスバーガー、デニーズなどの飲食店も揃っている。

 

しかし、今回予約した”朝食付きプラン”では、①『-cafe&bar-The Garden』(800円)と、②『大戸屋』(800円)からの2択となる。

ちなみに3つ目の『バンケットルーム・クルール』は1500円という料金設定になっている為に、利用したければ追加費用を払わないといけない。

 

東京都大井町 アワーズイン阪急ホテル 朝食会場 パン

という事で、ツイン館から行き易かった洋食風の『-cafe&bar-The Garden』を選んで訪れた。

ただ、パンもそこまで種類がなく、オレンジジュースも【1人様1杯まで】という制限などもあり、「これで800円もするのか・・・?!」と思ってしまう残念な内容であった。。

 

東京都大井町 アワーズイン阪急ホテル 朝食会場の様子

これならわざわざホテル側のレストランで朝食を食べる必要性は感じられずに、同じ値段を払ってすぐ近くにあるファミリーレストランで食べた方がよっぽど満足度が高そうな内容だった。

江戸春男
江戸春男

ホテル内のレストランは、どうしても割高設定になってるぜ!

 

ただ、明日の朝食分も”朝食付き”で予約していたのでキャンセルができないが、近くにいた人達が「これだったら、大戸屋の方がいいよね!」と言っている声も聞こえてきた事もあって、明日はもう一軒の大戸屋に決めたのであった。

 

東京都大井町 電車で移動

とにかく、それなりな朝食を食べてから朝8時過ぎにホテルを出発し、一路、杉並区の南阿佐ヶ谷駅を目指す。

 

JR新宿駅近く

こちらは途中で乗り換えた際に少し歩いた新宿。

ただコロナ禍の影響でリモートワークが増えたからか、思っていた程に人が多かったという印象は感じなかった。

 

 

南阿佐ヶ谷駅に到着!

南阿佐ヶ谷駅に到着

そして約1時間ほどの移動時間を経て、地下鉄:丸の内線の「南阿佐ケ谷駅」に到着する。

 

【南阿佐ヶ谷駅】

住所:東京都杉並区阿佐谷南1丁目

 

 

南阿佐ヶ谷駅周辺

この南阿佐ヶ谷駅にやって来た理由は、ボクが生まれてから3歳頃まで過ごしていた場所であり、その約40年近く前に住んでいた場所を訪れようというテーマが、今回の旅の目的であったのだ。

 

南阿佐ヶ谷駅周辺

ボクはこの南阿佐ヶ谷近くに住んでいた頃は3歳までだったので、その当時の記憶は殆ど無い。

それに対してオカンは、

オカン
オカン

なんとなく、見覚えがあるような・・・?

と怪しい感じだったが。。

 

東京都杉並区阿佐谷南の住宅街を進む

そんなオカンの怪しげな40年前の記憶を頼りに、南阿佐ヶ谷駅から南の路地を進んで行く事に。

この周辺は住宅街となっていて、結構に曲がりくねった迷路になりそうな路地ばかりで、不思議な場所にも思えた。

 

 

40年近く前に住んでいた阿佐ヶ谷

東京都杉並区阿佐谷南の住宅街を進む2

そして少し歩いて行くと、住宅ばかりが密集していた街並みから、大きなマンションが並んでいるエリアに出てきた。

オカン
オカン

多分、この辺や!・・・と思う・・

 

東京都杉並区阿佐谷南の住宅街 昔住んでたマンション跡

目の前に見ているマンション群も明らかに新しそうなので、恐らく40年近く前の面影は殆ど消え去っているようだ。

 

「阿佐ヶ谷付近の移り変わり」(地理院地図 1979~1983年 & 2019年 航空写真より加工済)

「阿佐ヶ谷付近の移り変わり」(地理院地図 1979~1983年 & 2019年 航空写真より加工済)

40年近く前のこの周辺の航空写真と、現代の航空写真を見比べてみると、このようにドミノ倒しをするかのように密集していた団地が綺麗に整理され、今時な大きなマンション群に変わり果てていたのがよく分かる。

オカン
オカン

浦島太郎になった気分や・・・

 

「約40年前の阿佐ヶ谷付近」(地理院地図 1979~1983年 航空写真より加工済)

「約40年前の阿佐ヶ谷付近」(地理院地図 1979~1983年 航空写真より加工済)

そしてオカンの記憶によると、地理院地図の1979~1983年航空写真で見た、この3つ並んでいる団地の一番南側に住んでいたハズだという。

オカン
オカン

近くに「東京ムービー」という会社もあったんやけどな。

 

東京都杉並区阿佐谷南の住宅街 昔住んでたマンション跡2

オカンは何回も「東京ムービーという会社が近くにあったんやけどな・・・」と繰り返して言っていたが、この「東京ムービー」はアニメ制作会社で、あの『ルパン三世』などのアニメーションを制作した会社としても知られている。

 

【公式】ルパン三世 PART1 「ルパンは燃えているか…?!」

ちなみに大人向けハードボイルド作品として生み出された『ルパン三世 PART1』は、当初の視聴率で低迷して失敗作品となってしまった。

しかし、2シリーズ目に各キャラクターの特徴などを冒頭に説明したナレーションを入れたりして、子供にも分かり易い設定に替え、その後に再放送された1シリーズ目で人気を得て、シリーズ化する程の大人気アニメになったという。

江戸春男
江戸春男

最初の評価が正しいとは限らんぜ!

 

東京都杉並区阿佐谷南 善福寺川公園

そしてその団地跡の近くには、約40年前の姿からあまり大きく変わっていない「善福寺川」が流れていて、その脇に公園が設置されているのが見えてくる。

 

東京都杉並区阿佐谷南 善福寺川公園2

そんな「善福寺川」を見ながら、

オカン
オカン

昔、大雨降った時にこの辺りが氾濫して、大変やったで・・・

などと昔話のオンパレードなオカンであった。。

 

 

東京都杉並区阿佐谷南 善福寺川公園3

住宅街や団地などは40年も経過するとガラっと入れ替わってしまうが、このような公園や川はそのまま残されている所が多い。

その為に、昔の場所を特定するには公園や川の位置を参考にして算出していくべきなのだろう。

 

東京都杉並区阿佐谷南 善福寺川公園 橋

そんな善福寺川に架っていた橋も、

オカン
オカン

何度も通ったわ・・・

と、浦島太郎のような口ぶりで、昔を回顧していたオカン。。

 

東京都杉並区阿佐谷南 「杉並区立杉並第二小学校」  

そして近くには、ボクの5歳年上だった兄が通っていたという「杉並区立杉並第二小学校」も、そのまま残っていた。

 

東京都杉並区阿佐谷南 「杉並区立杉並第二小学校」2

ボクがこの阿佐ヶ谷でそのまま暮らしていたら、恐らくボクもこの小学校にお世話になっていた事だろう。

ちなみにボクは3歳の時に大阪に引っ越して、その後に通った小学校はその入学する年に新しく”分校”として造られた小学校だったので、校舎が新品でラッキーだったのである。

オカン
オカン

中学も高校も在学時に、立て直しになっていたな!

 

東京都杉並区阿佐谷南 にあった消火器

今まで何回か聞いた事のあった、ボクが小さかった頃の東京時代。

ボクの父親は4年前に亡くなってしまったので、オカン経由でしか、その時代の思い出を聞く事が出来ない。

 

東京都杉並区阿佐谷南 「成宗さくら公園」

それもあって、今回の東京旅でこの阿佐ヶ谷を訪れるのを一番の目的にしていたのである。

最近になって色んな日本の歴史などを調べていると、勿論自分自身のルーツにも興味が出てきて、殆ど記憶にない出生地周辺の事も知りたくなってしまったのだ。

 

東京都杉並区阿佐谷南 歩道橋上から眺めた道路

そんな昔住んでいた団地跡を散策して、オカンもすっかり満足した様子だったので、滞在時間約30分で阿佐ヶ谷を後にする事にした。

なお、こちらは近くの歩道橋から見た道路の景色であるが、「杉並区」という名前の通り、道路の脇に街路樹が立ち並んでいる景色が印象的だった。

 

東京都杉並区阿佐谷南 「杉並消防署」

そしてこちらは歩いている途中に見かけた「杉並消防署」の建物。

恐らく、小さい頃にこの消防署の前も通っていた事があるのだろう。

 

東京都杉並区阿佐谷南 「杉並消防署」 マンガの絵

そんな杉並消防署には、こちらの人気漫画『め組の大吾』の大きな絵が描かれていた。

 

どうやら2021年12月にお披露目となった絵らしく、珍しい消防士を主人公に描いた漫画とタイアップした企画のようだ。

 

東京都杉並区阿佐谷南 「杉並消防署」

40年近くの歳月を経て、南阿佐ヶ谷だけではなく、日本中では大きく世界が変わり果てている。

人によっては時代の流れに上手く乗って生きていく人もいれば、自分のライフスタイルを全く変えずに生きていく人もいる。

そして40年の間に消えていった人と共に、新しく生み出された人もいる。

そんな多くの命が交差する杉並区阿佐谷南の地で、自分の生誕地に思いを馳せるのであった。。

オカン
オカン

今日はあんまり歩かんデ!

 

こんな旅はまた次回に続きます!

よければ下記ブログ村のボタンをポチッとお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

↓↓↓↓東京旅:初回↓↓

自分の生まれた地:東京で、まずは品川区の物流博物館から巡る旅【東京旅①】
2022年11月下旬に訪れた東京都。生まれた地を巡る前に、まずは品川付近の資料館巡りを行います!
タイトルとURLをコピーしました