奄美大島旅行記(2020)

国内

奄美で眺める最後の海は、安木屋場海岸【奄美大島旅行記㊸完結】

遂に4泊5日と満喫してきた奄美大島の旅は、今回でフィナーレ。安木屋場海岸に浮かぶ小さな島を最後の最後まで目に焼き付けた後は空港に向かい、飛行機が離陸するまでこれまた最後の「みき」を飲んで楽しみます!
国内

龍の目「かがんばなトンネル」と蘇鉄だらけの山【奄美大島旅行記㊷】

奄美大島最終日は空港のある島北側をドライブします。すると途中にテレビでもよく出てくるスポットの「かがんばなトンネル」を見つけて、更には山中に蘇鉄が生えている場所も見つけます!
国内

秋名アラセツ行事:平瀬マンカイの舞台となる秋名湾【奄美大島旅行記㊶】

奄美大島での最終日は、名瀬港を見下ろす「大熊展望公園」を訪れます。その後は「平瀬マンカイ」という五穀豊穣祈願する祭が行われるという秋名湾を訪れ、しめ縄が巻かれた岩を見学します。
国内

古仁屋港付近で食べた寿司よりも、スフィンクスのような家猫が記憶に残る【奄美大島旅行記㊵】

奄美大島で食べる最後の晩餐に選んだのは、港の近くだけあって寿司屋さん。何とも地元感満載な寿司屋で食べたのよりも、その帰り道に見かけた猫ちゃんの方が記憶に残ってしまった訳とは・・・。
国内

薄暗くなったマネン崎展望台から眺める、加計呂麻島とハート湾【奄美大島旅行記㊴】

奄美大島旅四日目の旅は夕暮れに南部の港町の「古仁屋」で向かう。その途中に見つけた「マネン崎展望台」に立ち寄るけど、すっかり暗くなってきていたので展望台から見る加計呂麻島とハート湾も微妙な景色だった。。
国内

荒れ狂うホノホシ海岸の石を引きずる波と、潮吹く岩の喧騒【奄美大島旅行記㊳】

奄美大島南端に位置する、人里離れた場所にありながらも人気の観光スポットとなっている「ホノホシ海岸」。この海岸は太平洋側に面していて、波が激しい為に他の海岸では見れない光景に出くわします!
国内

「ハートが見える風景」は1人で眺めるのがオススメ?!【奄美大島旅行記㊲】

奄美大島南部にある「ハートが見える風景」という写真スポットに到着。ハートロックには多くの若者達が集まるけど、この「ハートが見える風景」には全然人が居なかった訳は??
国内

加計呂麻島などを見れる絶景ポイントの高知山展望台【奄美大島旅行記㊱】

奄美大島でも南側にある「高知山展望台」。そこからは目下に 瀬戸内町の古仁屋港が見えたり、隣島の加計呂麻島などが見られる絶景スポットとなっています!
国内

市集落の名物「高浜(ターバマ)」で1人のんびりと!【奄美大島旅行記㉟】

奄美大島でも南部にある住用町の市集落で、その海岸線には「高浜(ターバマ)」という荒波で削られて丸くなった石ころが散らばっている場所があり、ここが市集落の観光スポットにもなっています。
国内

住用町の荒崎展望台などから美しい海を眺める【奄美大島旅行記㉞】

奄美大島南部の住用町をドライブして、港跡や荒崎展望台などから目の前に広がる美しい海を眺めてみます!
国内

石を抱くと言うより、岩を抱え込んだ「石抱きガジュマル」【奄美大島旅行記㉝】

奄美大島の住用町でマングローブ林が広がる役勝川を走っていると、道の傍に大きなガジュマルの木を発見します。近寄ってみるとどうやら根っこの下に大きな岩を抱えているガジュマルの木だったのである。
国内

展望台から眺める、住用町のマングローブ林で動くカヌー群【奄美大島旅行記㉜】

奄美大島住用町に広がるマングローブ林。先日はカヌーで泳いだ川も近くの高台にある展望台から眺めると、小さく動く姿しか見えませんね。。
国内

二日酔いに効く奄美のソウルドリンク、乳酸菌発酵飲料「みき」【奄美大島旅行記㉛】

奄美大島4日目の朝は今日もいい天気だったけど、前日飲み過ぎた影響で二日酔いの調子悪いスタート・・・しかし奄美大島のソウルドリンク「みき」を飲むと急に元気が湧いてきました!
国内

名瀬の夜に食べたタイカレーの缶詰が意外と美味しかった!【奄美大島旅行記㉚】

奄美大島3日目の夜は名瀬の町で気になっていた立ち飲み屋さんを訪れます。そこは基本呑み屋なんですが、色んな種類の缶詰が用意されていて、初めて食べたタイカレーの缶詰が結構美味しかったのです!
国内

峰田山の上にある展望台から眺める夕陽と黄昏時【奄美大島旅行記㉙】

奄美大島西側にある宇検村の峰田山にある公園で夕陽を眺めた後は、更に高い場所にある展望台へと向かいます。そして夕陽が沈んだ後は焼内湾に映る黄昏時の景色をゆっくり眺めてみました!
タイトルとURLをコピーしました